• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 2018年、求められる薬局と薬剤師のあり方
  4. 「給水ポイントのスタッフ」になっていませんか?―― 薬剤師が担うべき「対人業務」とは vol.3

2018年、求められる薬局と薬剤師のあり方

更新日: 2018年3月30日

第3回 「給水ポイントのスタッフ」になっていませんか?―― 薬剤師が担うべき「対人業務」とは

photo

 この数年、クローズアップされてきた「対物から対人」というフレーズですが、なんだかよく分からないという方がいらっしゃるかも知れません。具体的には今までの業務とどう異なるのでしょうか?


薬物治療の質を向上させるのが「薬剤師」の本来的な役割

 薬という「モノ」の業務から、患者さんという「ヒト」の業務だと説明されても、「薬がないと治療は始まらないじゃないか」「服薬指導のときに患者さんと接しているじゃないか!?」と少なからず混乱されているのではないかと思います。もちろん、どんなに機械化が進んだとしても、薬剤師が薬を扱う「対物」業務がなくなるわけではありません。薬剤師が専門性を発揮してチェックしたり、調剤を扱う業務は残ると思います。実際、厚生労働省策定の「患者のための薬局ビジョン」でも、「対物から対人へシフトする」とされております。「対人」へ注力しますが、「対物」がなくなるとは書かれていません。また、肝心の「対人」業務については、「患者さんの背景にまで考え、心を込めて服薬指導をすることで、コンプライアンスを向上させる」ことだけではないという点にも注意する必要があります。
 ここで、薬剤師が処方せんを応需してから薬をお渡しするまでの業務を「対物」、自分が調剤したお薬を飲んだ患者さんの症状が良くなるところまでフォローする業務を「対人」と定義すると、何をすべきか非常にわかりやすくなります。
 薬剤師は患者さんに薬を渡すのみではなく、薬の効果の発現や副作用の有無をチェックし、薬学的にアセスメントすることで、薬物治療の質を向上させるのが役割となります。これは中学校や高校時代に薬剤師を目指した際の「理想の薬剤師像」に近いものではないかと思います。

 「患者のための薬局ビジョン」に続き、2018年度調剤報酬改定の中でも、…

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

2018年、求められる薬局と薬剤師のあり方

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする