• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 漢方製剤の解説
  4. 【漢方製剤の解説】補中益気湯|「なんとなく疲れが取れない」に効果を発揮する

漢方製剤の解説

更新日: 2020年1月15日

「なんとなく疲れが取れない」に効果を発揮する~補中益気湯~

薬剤師が知っておきたい漢方製剤、シリーズ第6回は補中益気湯です。副作用も少ない薬であることから、とても使いやすい本剤を解説します。

補中益気湯

気の不足からくる慢性的な体調不良に「補中益気湯」

 日々の生活の中で、なんとなく疲れが取れない、手足がだるいなどという症状を抱える人は少なくないと思います。そういった諸症状に効果を発揮するのが「補中益気湯」です。
 補中益気湯」の効能効果は「消化機能が衰え、四肢倦怠感がいちじるしい虚弱体質者の次の諸症:夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症」になります。
 これらは気の不足からくる慢性的な体調不良の症状です。具体的には、顔色が白っぽかったり、無気力で、疲れやすく、めまいなどを患っている人。風邪をひきやすく、声も小さく、腹部膨満感やむくみがあったり、頻尿や尿漏れといった症状を持っている人。また、女性の場合生理の周期が早まったり、経血量が多いが色が薄く、生理痛があるなどの諸症状を持つ人に有効とされています。

気を補い、高め、流れをよくする補気薬の代表

 では、「補中益気湯」はどのようにしてその効果を発揮するのでしょうか。中医学的な観点からみると、「補中益気湯」は中(脾、胃)を補って気を益す作用を持ちます。つまり、消化吸収機能が低下した状態を改善し、元気にする効果があります。
 「補中益気湯」の成分は「黄耆(おうぎ)」「蒼朮(そうじゅつ)または白朮(びゃくじゅつ)」「人参(にんじん)」、「当帰(とうき)」、「柴胡(さいこ)」、「大棗(たいそう)」、「陳皮(ちんぴ)」「甘草(かんぞう)」、「升麻(しょうま)」「生姜(しょうきょう)」の10種類です。補気薬に分類され、よく使用されている「人参」、「黄耆」が入る「補中益気湯」は気を補う漢方薬の代表といわれています。またほかに含まれる「甘草」「大棗」も補気薬であることから、気虚の程度が強い全身性の気虚の患者さんに使用する薬であるといえるでしょう。
 この補気薬とは、気を産生する脾・胃を強めて気を補うとともに体全体の強壮をはかる薬のことをいいます。中でも「人参」は内臓の気を補い、「黄耆」は肌表の気を補うとされ、この2つの成分が、体全体の気を内外から補います。
 ほかにも化湿薬に分類される「蒼朮(白朮)」は水分の循環をよくし、体内の湿を取り除き、気の流れを補います。辛涼解表薬の「柴胡」(清熱薬に分類されることもある)と「升麻」は炎症を鎮めることで補った気をさらに高めるように働きます。 また「陳皮」「生姜」「大棗」には脾・胃の働きをよくする働きを持っており、消化機能を調え、気を補う力を助けます。そのうちの理気薬に分類される「陳皮」は補気薬によって多く補われた気を流す働きを担っています。
 さらに、補血薬である「当帰」が入ることで、血を補い、血を活かし、気をめぐらせる効果も期待できます。

作用機序でみる、「補中益気湯」の免疫機能改善

 西洋医学的な観点からみると、「補中益気湯」に含まれる「人参」「黄耆」「蒼朮」「茯苓」「甘草」などの補気・健脾薬はマクロファージなどを活性化する働きを持ちます。これ…

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

漢方製剤の解説

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする