• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 漢方製剤の解説
  4. 疲れすぎて眠れない人に効果 ~酸棗仁湯

漢方製剤の解説

更新日: 2020年4月5日

精神に不安があったり、疲れすぎて眠れない人に効果 ~酸棗仁湯~

 薬剤師が知っておきたい漢方製剤、前回は「八味地黄丸」について説明しましたが、第9回は「酸棗仁湯」を取り上げます。ストレスとそれに伴う不眠に用いられる漢方です。職場環境や人間関係のストレスで眠れない、といった症状にも出番が多い漢方です。

参考資料
「中医学基礎理論」東洋医学研究会、神戸中医学院
「体質改善のための薬膳」日本国際薬膳師会 著 辰巳 洋 監修 緑書房
「「漢方294処方 生薬解説 その基礎から応用まで」根本幸夫 監修 じほう
「中薬学」東洋医学健康会 神戸中医学院

精神に不安があったり、疲れすぎて眠れない人に効果 ~酸棗仁湯~の画像

新年度が近づくにつれ、心身ともにストレスを抱え、精神が不安定になり、不眠を訴える人が増えてくるのではないでしょうか。
中医学の観点からストレスやそれに伴う不眠がどのように起こってくるかを考えると、大きく「気の異常」と「血の異常」のどちらかが原因と考えられるものに分けられます。
「気の異常」からくるストレスや不眠とはイライラする、のぼせやほてりがある、動悸などを感じるといった「気逆」という状態の人、あるいはやる気が出ない、疲れやすい、食欲がないといった「気虚」の状態の人によくみられる諸症状のことを指します。
また、「血の異常」からくるストレスや不眠とは、貧血であったり、顔色が悪く、皮膚のかさつきや脱毛が気になるといった「血虚」の状態の人に見られる不眠やストレスのことを指します。
このように同じストレスや不眠でも原因となる状態が違うとおのずと用いる処方が異なってきます。

気虚の状態の人に用いられる「酸棗仁湯」

今回取り上げる「酸棗仁湯(サンソウニントウ)」は「気の異常」である「気虚」の人に対して効果がみられる処方になります。具体的には、体が疲れて気力が出ず、疲れているのに目がさえてしまうといった人に対してよく用いられます。
気が不足していて疲れているのに眠れないというのは、疲れすぎていると心身が軽い興奮状態になると考えられていて、覚醒と睡眠のリズムが乱れてきてしまいます。また、夜になるとその乱れから目がさえてしまうといった症状が現れてきます。「酸棗仁湯」はそういった症状を緩和するといわれています。

「酸棗仁湯」の処方は、「酸棗仁(サンソウニン)」「茯苓(ブクリョウ)」、「川芎(センキュウ)」「知母(チモ)」「甘草(カンゾウ)」からなり、そのうちの主成分である「酸棗仁」は気が上衡(ジョウコウ)してしまうことによっておこるのぼせや頭重感、めまい、身体動揺、精神不安などの症状を気を下ろすことによって改善せ、心を養い、肝を滋養し、血を補う作用を持つ養心安心薬に属します。特に肝の血が不足していることによる精神の不安定な状況を改善させるといわれていて、 そ…

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

河本 ちかこの画像

河本 ちかこ かわもと ちかこ

薬科大学を卒業後外資系企業にてMR、新製品企画部にて勤務。その後、企業の経営を学ぶべく大学院でMBAを取得する。MBA取得後は医薬品業界の市場分析などを執筆する傍ら薬膳アドバイザー、食育インストラクターなどの資格を取得。健康な体は日々の食事からをモットーに、現在は薬局薬剤師として勤務しながら中医学の見識を深めるために中国人医師のもとで勉学にいそしんでいる。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

漢方製剤の解説

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード