1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 漢方製剤の解説
  4. 薬剤師が知っておきたい!葛根湯の作用機序

漢方製剤の解説

薬剤師が知っておきたい!葛根湯の作用機序

日常の処方でよくみられる漢方製剤をより分かりやすく読み解くこのシリーズ。第一回目は、医療関係者のみならず一般の人たちにも馴染み深い「葛根湯」を取り上げたいと思います。

漢方製剤のイメージ

「葛根湯」はその名前の通り①クズ(葛根)が主な成分の漢方製剤です。製造しているメーカーによってその構成成分の比率に多少の差があるものの、①クズ(葛根)、②タイソウ(大棗:ナツメ)、③マオウ(麻黄)、④カンゾウ(甘草)、⑤ケイヒ(桂皮)、⑥シャクヤク(芍薬)、⑦ショウキョウ(生姜)が含まれています。この構成成分は、「桂枝湯」に「葛根」と「麻黄」を加えたものと同様になります。

風邪のひきはじめに効果を発揮-葛根湯の作用機序-

「葛根湯」は風邪のひきはじめに服用するのが効果的とされますが、それはなぜなのでしょうか。

中医学的に考えると風邪(かぜ)は風邪(ふうじゃ)などの邪気が体の表面を侵し、体の中にウイルスや細菌が侵入することによって発症すると考えられています。つまり風邪(かぜ)をひきはじめたときにはまだ邪気が体表にいるということになります。このときの主な症状は透明な鼻水や頭痛、寒気などになります。そして、その状態が改善されなければ邪は体の奥(裏)に入っていき、違う症状を呈します。
この邪気がまだ体表にいるときに対処するために用いられるのが「葛根湯」なのです。

では、葛根湯の中の成分が体にどのような影響を与えるのでしょうか。「葛根湯」は前述したように「桂枝湯」に「葛根」と「麻黄」を加えたものになります。「桂枝湯」は「桂枝」による軽い発汗作用があり、汗を出すことで体の表面にある熱を外に追い出し、風邪(かぜ)の症状を改善していきます。この作用は「葛根湯」に比べるとマイルドで体力のない人によく使われる漢方製剤です。
それに対し、「葛根湯」はこのマイルドな「桂枝湯」に強い発汗作用を持つ辛温解表薬の「麻黄」でさらに強く体を温めて汗をかかせるのと同時に、辛涼解表薬であり、かつ血流量を増加させる作用をもつ「葛根」を加えて体を冷やしながら、血流量を増加させることで体調を調えつつ体表にある熱を発散させるのです。

このように「葛根湯」は外邪が体表にいる風邪(かぜ)の初期段階には有効ですが、体の奥(裏)に入ってしまった場合にはその力を発揮できないということになります。

「葛根湯」の作用を西洋医学の観点から考えてみます。

キーワード一覧:

更新日: 2019年8月13日

続きを読む(会員登録する) »

新着一覧

  • キクオの薬局見聞録~薬剤師のリアルを届けます!!~
    人気ブロガーが体験!調剤薬局の転職あるある NEW 約8時間前
    人気コラム第6弾のテーマは「中途薬剤師」。転職先で必ず聞かれる質問や新しい職場でうまく人間関係を築くコツを紹介します。キクオさんがやってしまった失敗談も要チェックです。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.ニフェジピン服用中にグレープフルーツ1個食べた際の影響は? 9月16日
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「ニフェジピン服用中にグレープフルーツ1個食べた際の影響は?」です
  • 患者タイプ別 服薬指導のツボ(薬剤師向け)
    薬剤師の説明に納得しない患者さん 9月13日
    今回は、患者さんから質問攻めにされたり、丁寧に答えたのに納得してもらえないときの対応を考えます。村尾先生が「詳しいことは医師に聞いてください」は要注意の言葉と指摘する理由も要チェックです。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.芍薬甘草湯と併用注意の薬剤はどれか? 9月12日
    芍薬甘草湯と併用注意すべき利尿薬について考えてみましょう
  • 実録!となりの薬剤師
    年収1800万達成!40代薬剤師の収入アップ術 9月11日
    前回に続き、薬剤師の年収と財テクエピソードをご紹介。投稿者は保険薬局でバイトをしながら、2,000万円近い年収を稼ぐ40代男性。どうやら「副業」にヒントがあるようです。
  • 薬剤師が知っておきたい!内科疾患の事例検討
    栄養状態について栄養評価への理解 9月10日
    治療、副作用マネジメント、チーム医療での薬剤師の関わりについて、様々な疾患を検討する連載コラムです。示された患者情報から後に続くQuestionを考えてみましょう。
  • 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
    Q.ピロリ除菌でPPIも服用すべき理由は? 9月9日
    薬剤師に必要な医療知識をクイズで出題。併用禁忌のクイズや副作用のクイズ、服用方法など薬剤師には覚えておきたい薬剤クイズを学習・復習していきましょう。薬剤師が知っておきたい今回の問題は、「ピロリ除菌でPPIも服用すべき理由は?」です
  • 漢方製剤の解説
    お腹の冷えからくる便秘・下痢に効く「大建中湯」 9月6日
    漢方製剤を読み解くシリーズ・第2回は「大建中湯」です。注意したい重篤な副作用の兆候についても詳しく説明します。

薬剤師の先生におすすめのm3.comサービス

薬剤師の限定サービスをご利用いただくには、 薬剤師プロフィールの登録 が必要です。

MR君

MR君

最新の医療情報・医薬品情報が届きます。

薬剤師掲示板

薬剤師掲示板

仕事の悩みやフリートークなど全国の薬剤師が集うコミニティ。

DI Station

薬剤評価 DI Station

薬剤師と医師限定。薬のクチコミや5段階評価が見られます。

16万人以上の薬剤師が登録する日本最大の医療従事者専用サイト

    • m3.com
       ご利用はすべて無料!
    • 最新医療ニュースやコラム、薬のクチコミ情報など、薬剤師・医師のための情報が集まっています。
    • 《人気記事の一部を紹介》
      ・服薬指導のコツ
      ・薬剤師のためのリーダー論
      ・都道府県別薬剤師年収ランキング
    • ご利用でポイントも貯まります!

m3.comを検索

注目キーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする