• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 漢方製剤の解説
  4. 【漢方製剤の解説】芍薬甘草湯|筋肉のこわばりを伴う痛みの万能薬

漢方製剤の解説

更新日: 2019年9月27日

筋肉のこわばりを伴う痛みの万能薬~芍薬甘草湯~

薬剤師が知っておきたい漢方製剤シリーズの第三回目は、「芍薬甘草湯」です。

芍薬甘草湯

 こむら返り、筋肉のこわばり、胃痛、腹痛などで使われる「芍薬甘草湯」。その成分は「カンゾウ(甘草)」と「シャクヤク(芍薬)」の2種類だけといたってシンプルで、こむら返りの頓服でも処方されることからわかるように、漢方製剤では珍しく比較的服用後の効果発現までの時間が短く、即効性のある漢方製剤です。また、筋肉のけいれんをともなう痛みなどにはその原因を問わず効果を発揮してくれる、使いやすい漢方製剤といえます。

 構成成分である「甘草」は補気薬、「芍薬」は補血薬に分類されます。
 補気薬とは、気が不足している人に気を補い、また気を流してあげるための漢方薬です。気の上衡、沈滞、うっ滞など、気の運行に障害を生じたときなどに起きる、のぼせや動悸、精神不安、躁鬱、不眠、異常興奮、多夢などの症状を改善します。補気薬である「甘草」は脾胃を養い緊張を緩和させ、体にエネルギーを補充する働きを持ちます。
 一方の補血薬は血液不足や血行不良、瘀血によっておこる症状に対して血を補ったり、血の滞りを改善したりすることでその症状を治していく薬になります。この補血薬に属する「芍薬」は肝の機能を高めて血を滋養する働きを持ち、さらに肝の気・熱を鎮める働きも持ち合わせます。

中医学の視点から―血と気を補いエネルギーを補充し、けいれんを抑える

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

漢方製剤の解説

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする