• 薬剤師
  • コラムが読める

漢方生薬で体にいいレシピ

更新日: 2021年11月7日

薬膳でマスク肌荒れを予防しよう!

漢方生薬で体にいいレシピのメインの画像

マスクを長時間着けていると、しゃべったり顔を動かしたりすることで絶えず摩擦が起きています。
この小さな摩擦の継続が大きな刺激となり、肌にダメージを与えてしまいます。
また、マスクの中は呼吸によって常に蒸れているため、雑菌が繁殖しやすく、肌荒れを招いてしまいます。
マスク肌荒れの主な症状は肌がヒリヒリする、赤いブツブツができる、赤みが出てかゆい、といったトラブル。
この肌トラブルから体を守るために必要なものが体のバリア機能「衛気(えき)」。
胃腸が元気に働いていることで、食べ物をしっかり消化吸収し、この衛気が作られます。
胃腸を元気にして、衛気を高め、マスク肌荒れを予防しましょう!

漢方生薬で体にいいレシピの画像1

今回使用する生薬

栗:甘味、身体を温める温性。

体を元気にし、胃腸の働きを高め、腎を補うと言われます。
慢性的な疲労や下痢、食欲不振、風邪をひきやすい、喘息、咳、冷え性などにも使われます。

お米(うるち米):甘味、身体を冷やしも温めもしない平性。

平性は温めも冷やしもしないので、体質に関わらず長期的に摂りやすい食材です。
体を元気にし、胃腸の働きを高めてくれます。
普段からお疲れ気味の人、息切れ、胃もたれ、食欲不振、胃腸の調子が悪いなどに使われます。

黄耆(おうぎ):マメ科のキバナオウギの根を乾燥させたもの。

漢方生薬で体にいいレシピの画像1

朝鮮人参と並ぶ元気を補う補気薬の代表。
某栄養ドリンクにも入っていたり、十全…

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

田中 友也の画像

田中 友也
たなか ともや

鍼灸師、登録販売者、国際中医専門員、メンタルヘルス・マネジメント2種資格保持。 関西学院大学法学部卒業後、イスクラ中医薬研修塾にて中医学の基礎を学び、北京中医薬大学、上海中医薬大学などで研修を行う。現在、兵庫県神戸市の漢方相談薬局『CoCo美漢方薬局』にて、日々健康相談にのっている。 著書に『ごほうび漢方』(主婦の友社)、『12か月のおいしい漢方』(扶桑社)、『おうち養生』(KADOKAWA )など。 Twitter:https://twitter.com/mococo321
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

漢方生薬で体にいいレシピ

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 医療ニュース OTC医薬品 パーキンソン病 ファーマスタイル