• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. キクオが注目した!臨床ダイジェスト週間ランキング
  4. 飼い犬が糖尿病だと飼い主の糖尿病リスクが高い|注目の臨床ニュース

キクオが注目した!臨床ダイジェスト週間ランキング

更新日: 2021年1月6日

薬剤師キクオが厳選!先週注目した1位は
飼い犬が糖尿病だと飼い主の糖尿病リスクが高い

調剤薬局で働く 現役薬剤師のキクオ が、先週1週間の新着臨床ダイジェストで注目した記事をご紹介します。

薬剤師キクオが注目した!先週の臨床ダイジェストランキングの画像

対象期間:2020/12/28-2021/1/4

  1. 1飼い犬が糖尿病だと飼い主の糖尿病リスクが高い
  2. 2「接待を伴う飲食店」における新型コロナ感染リスク調査研究の中間報告公表
  3. 3淋菌感染症・性器クラミジア感染症【私の治療】
  4. 4女性の役割ストレスは健康に悪影響か
  5. 5未払いなど金銭管理の問題が認知症の兆候の可能性

キクオはここに注目した!!

薬剤師キクオが厳選!先週注目した1位は飼い犬が糖尿病だと飼い主の糖尿病リスクが高いの画像

こんにちわ!薬剤師ブロガーのキクオです。今からお話するのは当時、派遣薬剤師として私が体験をした出来事です。派遣先の薬局でのある出勤日のこと、テレビに出てくるような愛くるしい柴犬の写真が、調剤室に多く飾られているのを発見しました。
(か、かわいい~)
「この写真って誰かが飼ってる犬なんですか?」キクオはそう管理薬剤師の方に質問をしてみました。
すると管理薬剤師の方は「このワンちゃんは実は隣のクリニックで飼っている柴なんですよ」と答えます。なるほど。先生のわんこだったわけです。でもなぜ調剤室に? 話を聞くと、その犬はクリニック開設当時から飼っていて、ある薬剤師がとてもその柴犬を気に入り、写真を薬局に飾っていたとのことでした。 柴犬の写真を見るとしっかりとカメラマンを意識したアイドル並みの愛嬌ポーズです。薬局の薬剤師とクリニックの医師も一緒に写っています。柴犬の顔、体型までが先生にとても似ていたのもご愛嬌(笑)。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

キクオの画像

キクオ
現役薬剤師ブロガー

薬学部をストレートで卒業後、新卒で入社した職場で社会の洗礼を受ける。周りから「人が変わった」と言われるも、心配いらないと、謎の強がりを見せる。その後、頭皮を気にする。
働き方と未来を考えて転職を決意。病院や薬局、派遣薬剤師を経験。今後は「個人の薬剤師がどう社会に貢献出来るか」に興味あり。
「どーせ仕事をするなら楽しく」をモットーに現職の調剤薬局で楽しく働いています。「薬剤師は日本中に浪漫を届けたい」をテーマに薬剤師・薬学生向けのメディアを運営しています!
https://www.romanpharmacist.com/
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

キクオが注目した!臨床ダイジェスト週間ランキング

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

書籍プレゼントキャンペーン

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード