• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. キクオが注目した!臨床ダイジェスト週間ランキング
  4. ワルファリン0.5mg増量のはずが誤って5mg錠を処方【解説】|注目の臨床ニュース

キクオが注目した!臨床ダイジェスト週間ランキング

更新日: 2021年11月24日

薬剤師キクオが厳選!先週注目した1位は
ワルファリン0.5mg増量のはずが誤って5mg錠を処方【解説】

調剤薬局で働く 現役薬剤師のキクオ が、先週1週間の新着臨床ダイジェストで注目した記事をご紹介します。

薬剤師キクオが注目した!先週の臨床ダイジェストランキングの画像

対象期間:2021/11/15-2021/11/22

  1. 1ワルファリン0.5mg増量のはずが誤って5mg錠を処方【解説】
  2. 2米ファイザー、コロナ飲み薬を米国で申請、日本も手続き開始へ
  3. 3週に5時間の運動でがんリスクが低下
  4. 4生活保護受給者は、2型糖尿病の有病割合が公的保険加入者より高い
  5. 5空腹時血糖高値が閉経後女性の胃がん発症の危険因子

キクオはここに注目した!!

薬剤師キクオが厳選!先週注目した1位は頭痛に漢方薬を処方するなら?の画像

こんにちわ!薬剤師ブロガーのキクオです。 今週は「調剤過誤」「医療事故」に関する話題をピックアップ! みなさんは薬剤師になってからヒヤリとする体験をしたことありますか? 私はあります。調剤後に規格のミスが発覚して頭の中が真っ白。自分は薬剤師に向いていないかもと思うこともありましたねぇ。私が若かりし頃は、調剤ミスをして落ち込み、その調剤ミスのメンタルブレイクから、さらに調剤ミスを再び起こしてしまうということも経験しました。ううむ、急ぐといかんなぁ。みなさんはどうでしょうかね…。
さて今週1位はヒヤリ・ハットの事例。ワーファリンの規格についてです。この医療事故の場合は、「いつも処方される時と規格が違う!」と薬剤師からの視点でも気が付けるといいですね。薬剤師になって「あ、これはいつもと違うな」と気づける危機管理能力は非常に大切です。

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

キクオの画像

キクオ
現役薬剤師ブロガー

薬学部をストレートで卒業後、新卒で入社した職場で社会の洗礼を受ける。周りから「人が変わった」と言われるも、心配いらないと、謎の強がりを見せる。その後、頭皮を気にする。
働き方と未来を考えて転職を決意。病院や薬局、派遣薬剤師を経験。今後は「個人の薬剤師がどう社会に貢献出来るか」に興味あり。
「どーせ仕事をするなら楽しく」をモットーに現職の調剤薬局で楽しく働いています。「薬剤師は日本中に浪漫を届けたい」をテーマに薬剤師・薬学生向けのメディアを運営しています!
https://www.romanpharmacist.com/
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

キクオが注目した!臨床ダイジェスト週間ランキング

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 医療ニュース OTC医薬品 パーキンソン病