新米薬剤師くるみぱんの勉強ノート

更新日: 2022年1月25日

PPIについて比べてみた

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

消化性潰瘍診療ガイドライン(2020)で胃潰瘍や十二指腸潰瘍の初期治療の第一選択薬とされているPPI。適応の違いやそれぞれどのような特徴があるのかまとめました。

適応の違い

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

画像を拡大する

まずは適応の違いを表にしてみました。低用量アスピリン投与時やNSAIDs投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制の適応を持っていないPPIもあります。オメプラゾールが最も適応が少なく、エソメプラゾール(ネキシウム)が最も多くの適応を獲得しています。上記の画像の表にはありませんが、P-CABであるボノプラザン(タケキャブ)はPPIと異なり吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症への適応がありません。

それぞれの特徴

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

くるみぱんの画像

くるみぱん
くるみぱん

薬剤師2年生。勉強したことを付箋やノートにまとめてインスタグラムに投稿中。
著書「くるみぱんの 薬学×付箋ノートBOOK」
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノート

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 てんかん 服薬指導 漢方 薬剤師会 医療クイズ セミナー・学会情報 診療報酬改定