新米薬剤師くるみぱんの勉強ノート

更新日: 2022年12月4日

嚥下困難者用製剤加算の要件とは?自家製剤加算との違いについて

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

他の加算と比べて算定機会の少ない嚥下困難者用製剤加算。算定しようとしたときに迷わないように確認しておこうと思います!

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

画像を拡大する

嚥下困難者用製剤加算とは

嚥下障害等があって、市販されている剤形では薬剤の服用が困難な患者に対し、医師の了解を得た上で錠剤を砕く等の剤形を加工した後調剤を行うことに対する加算です。処方箋受付1回につき1回80点を算定できます。処方箋受付ごとの加算のため、処方箋に含まれる全ての内服薬が飲みやすい状態になっているか判断する必要があります。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

くるみぱんの画像

くるみぱん
くるみぱん

国家試験に受かり、薬学生から薬剤師ヘ。「くるみぱんの 薬学×付箋ノートBOOK」著者、Instagramで人気のわかりやすくまとめた勉強ノートは、今でも続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノート

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬物療法・作用機序 服薬指導 業界動向 ライフ・雑学 研修認定薬剤師資格 医療クイズ 副作用 診療報酬改定 スキルアップ ebm