薬剤師くるみぱんの勉強ノート

更新日: 2023年2月9日 くるみぱん

薬剤師のための2023年花粉症のステロイド点鼻薬まとめ

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

花粉症の患者さんには辛い季節がやってきました。日本気象協会は2023年春の花粉飛散について、関東から九州にかけて2月上旬からスタートし、飛散量は関東甲信では非常に多く飛ぶという予測をしています(2023年1月現在)。そんな花粉症で使用される点鼻薬について特徴をまとめました。

新米薬剤師くるみぱんの勉強ノートの画像

画像を拡大する

花粉症で使うステロイド点鼻薬は毎日継続がおすすめ

病院で処方される点鼻薬にはステロイド、抗ヒスタミン薬、血管収縮薬の3つがあります。この中でもよく使用されるステロイド点鼻薬について今回は書いていきます。花粉症というとまずは内服薬のイメージですが、点鼻薬はどのような立ち位置で使用されるのでしょうか。鼻アレルギー診療ガイドライン2020年版において、ステロイド点鼻薬は軽症〜最重症すべてで治療の選択肢として記載されています。

抗アレルギーの内服薬で見られることのある眠気もなく、局所作用により副作用も少ないことから初期から推奨されています。なお、効果発現には一般的に3〜5日かかるため、花粉症シーズンは毎日継続して使用する必要があります。

花粉症で使う5つのステロイド点鼻薬の使用方法と特徴について

現在薬価収載されているステロイド点鼻薬は5つです。それぞれの使用方法や特徴についてみていきましょう。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

くるみぱんの画像

くるみぱん
くるみぱん

国家試験に受かり、薬学生から薬剤師となったくるみぱんさん。現場での実践的なスキルや薬剤師に必要な専門知識をわかりやすくまとめた勉強ノート「くるみぱんの 薬学×付箋ノートBOOK」は、Instagramでも大人気。薬剤師くるみぱんさんの、ためになる勉強ノートをご紹介します。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師くるみぱんの勉強ノート

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 業界動向 ライフ・雑学 マンガ 医療クイズ 疾患・病態 診療報酬改定