1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師くるみぱんの勉強ノート
  4. 熱性けいれん治療薬「ジアゼパム坐剤」

薬剤師くるみぱんの勉強ノート

更新日: 2024年5月30日 くるみぱん

熱性けいれんの症状とは?「ジアゼパム坐剤」の予防投与法も確認

熱性けいれんの症状とは?「ジアゼパム坐剤」の予防投与法も確認のメイン画像 熱性けいれんの発作が5分以上続く重篤時はジアゼパム、ミタゾラム、ロラゼパムいずれかを静注の画像

画像を拡大する

急な発熱に伴って起こる熱性けいれん。日本での有病率は3.4~11%(文献によって差あり)で特別珍しいものではありません。ガイドラインをもとに症状や治療についてまとめました。

「熱性けいれん」とは?

熱性痙攣とは『熱性けいれん(熱性発作)診療ガイドライン2023』において、「おもに生後6ヵ月から満60ヵ月までの乳幼児期に起こる、通常は38℃以上の発熱に伴う発作性疾患(けいれん性、非けいれん性を含む)」とされています。

髄膜炎など明らかな発作の原因があるものや、てんかんの既往があるものは除外されます。なお、満60ヵ月(=満5歳)を超えていても、年齢以外当てはまっていたら熱性けいれんとして対応されますが、繰り返すような場合は「熱性けいれんプラス」や「てんかん」の可能性を考慮しなければなりません。

「熱性けいれん」はどのような症状がみられる?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

くるみぱんの画像

くるみぱん
くるみぱん

国家試験に受かり、薬学生から薬剤師となったくるみぱんさん。現場での実践的なスキルや薬剤師に必要な専門知識をわかりやすくまとめた勉強ノート「くるみぱんの 薬学×付箋ノートBOOK」は、Instagramでも大人気。薬剤師くるみぱんさんの、ためになる勉強ノートをご紹介します。

キーワード一覧

薬剤師くるみぱんの勉強ノート

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇 ファーマスタイル