• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師が苦手なDr.桑満の、これ言わせて!

更新日: 2020年12月31日

医師の私が薬剤師を苦手になったきっかけ。薬剤師に不足している意識とは

薬剤師が苦手なDr.桑満の、これ言わせて!の画像1

私は薬剤師が苦手だ。
なぜ苦手か、それは勤務医時代に嫌な思い出があるからなのです。

私が薬剤師を苦手になった事件

当時2才だった長女が夕方過ぎに急に熱発したと家内から連絡がありました。普段なら家から1分の小児科に受診させているのですが、生憎その日は木曜日で休診。仕事を終えたあと、閉院時間ギリギリに知り合いのクリニックに車で連れて行きました。

幸い重篤な疾患ではなかったため、面識のある医師の処方箋を見て、「服薬して静養すれば大丈夫だろう」とほっとしました。

当時は大きい総合病院にしか門前薬局と呼ばれる調剤薬局がなかった時代です。私は熱でウンウン唸っている子供を連れて、そのクリニック近くの商店街にあるドラッグストアを兼ねた保険薬局に行きました。すると、「薬剤師不在のため、お薬は出せません」とのこと。仕方がないので次の薬局に行くと、今度は「在庫がないので子供用の薬は取り寄せになる」と告げられました。

受診は間に合ったのに薬局やドラッグストアの都合で薬が受け取れないこと、なにより断る以上の対応ができない薬剤師にがっかりしたことを覚えています。

一刻でも早く薬を服用させたいと思い、ウンウン唸って苦しそうにしている子供を車に乗せて都内をウロウロすること数時間。やっとのことで夜遅くまで開いている処方薬局をみつけ、薬を入手できました。それから私は薬剤師が苦手になってしまったのです。

より密に薬局間の連携を進めてほしい

ご紹介したエピソードはいまから25年近く前、「地域包括ケアシステム」という言葉も知られていない時期の話です。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

桑満おさむ の画像

桑満おさむ
くわみつ おさむ

名誉も権威もない町医者。36才で当地で開業、志だけは高く日本一の町医者(定義不明)を目指して地域医療にそれなりに貢献。モットーは、「思想信条に関わらずヘンなものはヘンと言いたい」であるためにブログやSNSで発信を続けて多方面から抗議のメールや内容証明を頂いています。大手健康情報サイト2社とのバトルはそれなりに有名です。
五本木クリニックHP:https://www.gohongi-clinic.com/
院長ブログ:https://www.gohongi-clinic.com/k_blog/
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師が苦手なDr.桑満の、これ言わせて!

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード