• 薬剤師
  • コラムが読める

m3ラーニング講師に聞く!講座の見どころとポイント

更新日: 2021年1月22日

処方薬をより深く理解するための臨床推論

m3ラーニング講師に聞く!講座の見どころとポイント
Lazy

今回のm3ラーニングのテーマ

m3ラーニング講師に聞く!講座の見どころとポイント

「処方薬をより深く理解するための臨床推論」です。 講師の東京医科大学病院 総合診療科 教授 平山先生からお話を伺いました!

Lazy

医療における薬剤師の果たす役割は大変大きいものです。最近はドラッグストアで取り扱い可能になった市販薬も増えていますから、「いったん資格は取ったものの、さらに勉強したい」と考える薬剤師の方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介する講座は、医学生向けに行われている講義とほぼ同様の内容が扱われており、実際の医療現場で医師がどのように患者の診察から診断までを行うのか、具体例から学べます。医師の処方薬に対する理解を深めるだけでなく、緊急性の高い疾患を見分け、受診勧奨をするか否か判断する助けともなるでしょう。

「臨床推論」とは

一言に「臨床推論」といってもその範囲は広く、多岐にわたります。この講座では主に「診断推論」について述べており、医師が患者の症候把握から診断に至るまでにどのような過程を踏むのかを解説します。

この「臨床推論」という概念はここ十数年程で、教育上も大変重要視されてきました。一昔前までは病名やそれぞれの病気の症状、またその病気の診断をするまでに行う検査方法や治療方法といった縦割りの学び方をしていました。そのため、診断までの過程も実際の現場に出てから先輩医師を見て学ぶといった仕方で診療していたものです。

ですが近年では、この過程を医学生や初期研修医にも体系的に教える必要性を訴える声が高まり、約3年前に文部科学省が医学生向けのコアカリキュラムにも組み込むよう改定されました。通常、医学生が学ぶ全ての「臨床推論」を薬学生や現役の薬剤師が学習する必要はないかもしれませんが、今後は薬学生向けのコアカリキュラムにも組み込まれてくることが期待されます。

ゆくゆくは薬学教育においてもクリティカル疾患にはどのようなものがあるのか、またその疾患の特徴となる症候はどのようなものかを学ぶ必要があると思われます。そうすることで、実際の現場において医師の処方する薬剤へのより深い理解につながり、よりよい医療が提供できるようになるでしょう。

クリティカル症候の見分け方を学ぶ

この講座は、第1部の「臨床推論概論」、第2部の「頭痛・胸痛・腹痛」、第3部の「発熱・体重減少・浮腫」で構成されています。

第1部では仮説演繹法の3つの軸等について知り、医師がどのような過程を経て診断にたどり着くのかについて学びます。本講座の根幹を成す部分となっています。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

m3ラーニング講師に聞く!講座の見どころとポイント

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード