薬の作用機序をマンガで学ぼう~おやすみんのおくすり処方されました~

更新日: 2024年2月9日 おやすみん

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序メインの画像

薬の作用機序を理解していると、患者さんへの服薬指導の際にしっかりと説明することができます。しかし、お薬の中には、薬の専門家である薬剤師さんでも作用機序が複雑と感じるものがあります。

そんな薬をピックアップして、体内で起こることをキャラクター化して説明します。

今回は不眠症治療薬「デエビゴ」について解説いたします!

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序の画像1

充実した一日を過ごした青白さん。
いつものように羊を数えながら眠りにつこうとしますが…

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序の画像2

眠りを司るものは?

結局全然眠れず、ぐったりとしてしまった青白さん。
不眠症と診断され、デエビゴを処方されました。

そもそもなぜ眠れなくなってしまったのでしょうか。
青白さんの脳内を見てみましょう。

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序の画像3

覚醒を促すオレキシン

朝が来ると、オレキシンが分泌されます。
オレキシンは体の覚醒を促すホルモンです。

これが睡眠とどのように関係しているのでしょうか。

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序の画像4

睡眠中枢と覚醒中枢のバランス

睡眠は、眠気をもたらす睡眠中枢と、体が目覚めるように働く覚醒中枢のバランスで制御されています。
オレキシンは、覚醒中枢を刺激することで、覚醒中枢の活性を上げる働きをします。
日中はオレキシンがたくさん分泌されるため、覚醒中枢の活性が睡眠中枢を上回り、体を覚醒状態へと導きます。

一方夜になると、オレキシンの分泌が抑制され、昼間とは逆に睡眠中枢の働きが強くなります。
そうすると体は眠気を感じてすみやかに眠りにつくのです。

では、不眠症ではどうなっているのでしょう。

不眠症治療薬「デエビゴ」の作用機序の画像5

オレキシンが働きすぎると、睡眠中枢が機能しない

昼夜を問わずオレキシンが働いてしまっています。
こうなると、常に覚醒中枢の活性が上がり、睡眠中枢とのバランスがおかしくなってしまいます。

または

m3.com会員登録いただくと、医療ニュースや全てのコラム記事が読み放題&ポイントが貯まる

新規会員登録(無料)

こちらもおすすめ

おやすみんの画像

おやすみん
おやすみん

かがくイラストレーター。薬学部卒。有機化学の研究室出身。分子や実験器具をキャラクターにした「そるべんつ」をSNSで投稿中。化学版フリー素材のサイト「かがくイラスト」を運営中。

キーワード一覧

薬の作用機序をマンガで学ぼう~おやすみんのおくすり処方されました~

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇 ファーマスタイル