• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 心に残る症例(m3メンバーズメディア)
  4. 「アウエル小体のある芽球がいます」-妊婦健診で助かった二つの命-

心に残る症例(m3メンバーズメディア)

更新日: 2018年5月2日

「アウエル小体のある芽球がいます」-妊婦健診で助かった二つの命-

「アウエル小体のある芽球がいます」-妊婦健診で助かった二つの命-の画像

「アウエル小体のある芽球がいます」-妊婦健診で助かった二つの命-「M3メンバーズメディア」の画像

「M3メンバーズメディア」では医師会員から寄せられた記事の一部をご紹介します。今回からシリーズとして、「心に残る症例」をテーマにエピソードをご紹介したいと思います。薬剤師の先生方も、いつまでも印象に残る症例、患者さんとの想い出があるかと思います。中には仕事の在り方を考えさせられるかもしれないエピソードもあるかもしれません。日々のお仕事にプラスの変化となるような、「気づき」を感じてもらえたら幸いです。

「アウエル小体のある芽球がいます」-妊婦健診で助かった二つの命-「M3メンバーズメディア」の画像

M3メンバーズメディア」では医師会員から寄せられた記事の一部をご紹介します。今回からシリーズとして、「心に残る症例」をテーマにエピソードをご紹介したいと思います。薬剤師の先生方も、いつまでも印象に残る症例、患者さんとの想い出があるかと思います。中には仕事の在り方を考えさせられるかもしれないエピソードもあるかもしれません。日々のお仕事にプラスの変化となるような、「気づき」を感じてもらえたら幸いです。

―「アウエル小体のある芽球がいます」

 血液内科の外来中、血液検査技師さんから電話が入りました。今からもう21年も前のことです。外来診療もそこそこに血液検査室に足を運びました。妊娠26週の妊婦検診の検体でした。白血球3,900/ul、ヘモグロビン8.2 g/dl、血小板10.2万/ulと、白血球は正常ですが貧血と血小板減少がありました。

 検査技師さんに言われて血液スライドを見ると、確かに全視野の中に1個だけ「アウエル小体のある芽球」がいました。「よくぞみつけた」と感心しました。その妊婦さんは、結婚後10年目の39歳にしてはじめての妊娠でした。家族みんなが待ちに待った「おめでた」だったのです。経過はとても順調で、妊婦検診がなければ血液検査はまずされなかったでしょう。

 緊急入院となり、骨髄検査により急性骨髄性白血病(AML)の診断が確定しました。

「39歳女性、妊娠26週で子供を待望している」
「降って湧いたAML」「白血病の治療はどうするのか」
「子供は助けられるのか」
 大変な難問に直面しました。血液内科、産婦人科、小児科の3者で話し合いました。
「AMLは2~3週間なら化学療法を遅らせても大丈夫だろう」
「胎児のエコー所見からは、リスクはかなり高いが体外でも子供はなんとか成育できるだろう」
 そう判断し、入院4日目に帝王切開となりました。

―918gの命

 体重918g。手のひらの上に乗るような小さな小さな女の子でした。内科医の私には人間とも思えない驚異の小ささでした。NICUで集中管理となりました。肺合併症で一時危険な状態になりましたが、数ヵ月後には元気に退院できました。

 一方のお母さん。帝王切開後に子宮内感染症を併発し、2週間遅れの寛解導入療法となりました。続く寛解後療法では、何度か重症の感染症を起しました。でも、わが子に対面して抱きしめることで、特別な力を得ておられたようです。

 女の子に少し遅れて、お母さんも無事退院となりました。

 その後の外来では、お母さんの傍らにいつも女の子がいました。「いくつになったの?」かわいい女の子にそう尋ねることを、私は楽しみにしていました。「4つ」、「5つ」、・・・「10歳です」という女の子の答えは、お母さんの白血病の寛解期間そのものでした。10歳頃を最後に会えなくなっていましたが、15歳中学3年生のときに久しぶりに来てくれました。「今日は、学校がたまたま休みだったから」と。そこには、まるで見違えるようなスラリとした女性の姿がありました。身長は159cmだそうです。

「918 gの手のひらサイズのあの赤ちゃんが、今は159cm・・・」
 小児科医ならともかく内科医には信じられない光景でした。

―続いていく物語

 そしてさらに時間は流れます。

 自分が生まれた時の「物語」がそうさせたのでしょうか。彼女は看護師を目指すようになりました。現在21歳の彼女は、来年には看護師になります。

「どうぞ、患者さん思いのやさしい看護師さんになられますように」

 21年前の妊婦健診で、血液スライドの中に1個だけいた「アウエル小体のある芽球」。もしあの時、検査技師さんが見つけてくれなかったらどうなっていたでしょう。彼女はこの世に生を受けていなかったかも知れません。お母さんの白血病は治っていなかったかも知れません。

 奇跡のような偶然と幸運。救われた命がまた新しい命を救うことになる。

 とっておきのうれしいお話です。

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

心に残る症例(m3メンバーズメディア)

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード