薬剤師mokaの漫画エッセイ

更新日: 2022年3月15日

職場で経験したヒヤリ・ハット

薬局薬剤師のmokaです。
誰もが経験したことのある、ヒヤリ・ハット。私も、何度もヒヤリとしたことがあります。

例えば、最近発売となった、アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬。添付文書では、高血圧の患者さんには分1投与、心不全の患者さんには分2投与で、用量も異なります。新規で分1での処方だったので、高血圧かな?と思って確認したところ、患者さんは「心臓のお薬」と聞いているとのこと・・・。疑義照会で分2に変更になりました。添付文書上ありえる用法でも、どんな疾患に使うのか確認することは大切ですね。

他科・他院の処方との飲み合わせにも注意です。循環器内科でピタバスタチンが出ている患者さんに、皮膚科でシクロスポリンが新規で処方・・。禁忌ですよね。
また、他院では先発名でお薬が処方されており、今回処方されたお薬が一般名だったため、同じお薬だとは思わず、重複して処方されてしまった例もありました。

患者さんへの不利益は絶対あってはいけません。ヒヤリ・ハットの事例はしっかり頭に叩き込み、日々気を付けています。

ハイリスク薬の服薬指導の画像(1)

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

mokaの画像

moka
もか

新卒で企業に就職後、海外留学を経て薬局薬剤師に。
薬学×イラスト薬剤師として、薬局での日々を漫画にしたり、作用機序や日頃の服薬指導での疑問点をイラストにまとめてInstagramやブログに投稿中。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師mokaの漫画エッセイ

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 薬剤師ブロガー 服薬指導 疑義照会 ハイリスク薬 医療過誤・ヒヤリハット 業界動向 マンガ 医療ニュース 医療クイズ