• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師マイスタイル
  4. アフリカの医療改善に臨む女性薬剤師の挑戦

薬剤師マイスタイル

更新日: 2020年7月1日

原点は「マザーテレサの家」。アフリカの医療課題にデータで挑む薬剤師

原点は「マザーテレサの家」。アフリカの医療課題にデータで挑む薬剤師の画像

働き方の多様化が進む現代。しかし、薬剤師においては、薬局・病院で働く人がほとんどであり、多様性に富んでいるとは言えないのが現状です。そこで当シリーズでは、薬剤師のスキルを生かしながら、「自分のやりたいこと、すきなこと」を通じて医療に貢献している薬剤師をご紹介。「マイスタイル」をつらぬく薬剤師の魅力をお伝えしていきます。

「マザーテレサの家」での体験が、国際協力にかける情熱の始まり

製薬会社のMRとして勤務するかたわら、アフリカで配置薬普及を目指すNPO法人AfriMedico(アフリメディコ)の代表理事を務める町井恵理さん。「医療を通じて、アフリカと日本をつなぎ、健康と笑顔を届ける」という理念のもと、精力的に活動をされています。そんな町井さんが国際協力に目覚めたきっかけは、薬学生の時に訪れたインドの「マザーテレサの家」での体験にありました。現在も医療体制の整っていないアフリカの奥地で活動を続ける町井さんへ、国際協力への情熱と今後のビジョンについてお聞きしました。

お話を伺った方(プロフィール)

町井恵理さんの画像

町井恵理さん

薬剤師。大学卒業後に製薬会社に勤務。2008年より2年間、青年海外協力隊としてアフリカのニジェール共和国で感染症対策のボランティア活動に従事。その経験を通じて、アフリカの医療問題を根本から改善するために、グロービス経営大学院へ進学。日本とアフリカを繋ぐビジネスを実現するために2015年にNPO法人AfriMedico(アフリメディコ)を設立。

原点は「マザーテレサの家」。アフリカの医療課題にデータで挑む薬剤師の画像1

国際協力に興味をもったきっかけ何ですか?

大学時代にインドのコルカタを訪れた際、「マザーテレサの家」のボランティアに飛び入り参加したことがきっかけです。「マザーテレサの家」とは、貧困者や孤児、患者の支援施設の総称。死に瀕し治療の見込みのない人たちを看取る「死を待つ家」や、軽度の障害を持つ子どもたちのいる「孤児の家」などの5つの施設に分かれています。
私は「孤児の家」で孤児のおむつを変えたり、食事を与えたりといった身の回りのお世話をしました。

「孤児の家」でのどのような体験が、国際協力への情熱を灯したのでしょうか?

日本のように経済的に豊かな国からインドへ行くと、どこか上から目線で「助けてあげよう」となりがちです。私もマザーテレサの家を訪れる前は、そのような驕りがどこかにありました。「孤児の家」で私は孤児の身の回りのお世話しかできませんでした。もっといろいろやってあげたいという気持ちがどんなにあっても、実際はとてつもなく無力です。そんな葛藤を抱えつつ、孤児に対して「声をかける」「背中を摩る」といった「自分にもやってあげられること」を続けていました。するとある時、「自分は彼らに与えようとしていたけど、実は彼らからたくさんのものを与えられている」ことに気づいたのです。それは自分の考えを見直す2つの気づきです。
一つめは、「貧富の差があっても人間の本質は変わらない」ということ。「ごはんを食べて、眠る」この原理原則はみんな一緒。経済的に貧しい地域だろうと、豊かな国だろうと、本質的な人の営みはそんなに変わらないんだな、と知りました。
もう一つは「専門的な知識がなくても人の役に立てる」ということ。「私は専門的な知識がなければ人の役に立てない」とずっと思い込んでいました。しかし、当時まだ薬学生で、特別な資格や専門性を持っていない自分でも、目の前の人に対して何か役立てるんだと実感したのです。そこから国際協力への情熱が芽生えました。孤児の家を訪れなければ得られなかった貴重な経験として、今も私のなかにずっと残り続けているものです。

無力感を覚えた青年海外協力隊での二年間

日本に帰国したあとは、どのような活動をされたのですか?

帰国後も、国際協力への情熱は消えませんでした。ただ、感情が先走って「お節介」のようなボランティア活動はしたくないと思い、どのように活動したらいいかしばらく悩んでいました。周囲のすすめもあり、社会人として教養と経験を積んでからでも遅くないと考え、外資系の製薬会社にMRとして入社しました。

いったん熱い思いを胸に閉まって就職されるわけですね。

はい。当初、「3年間は働こう」と思って就職したのですが、やってみると製薬会社での仕事はとても面白くやりがいがありましたね。短期のボランティア活動も並行していましたが、短期だと本当に役立っているのか振り返ることができないというジレンマを感じました。 その後、青年海外協力隊にも応募しましたが落選。このまま日本で安定した職に就いて働いていた方がいいのか?自分に国際協力は向いていないのか?と自問自答を繰り返す日々が続きました。結局、退職を決意したのは入社から6年が経ったタイミングでした。

どのようなきっかけで退職の決意をされたのですか?

「やっぱり私はボランティアをやりたい!」と、青年海外協力隊に再応募し、合格したことがきっかけです。
両親の反対を押し切り、自分の道を歩き出した瞬間ですね。27才でした。
保健省に配属され、赴任先として選ばれたのは、世界でも極めて貧しい国のひとつニジェール共和国でした。マラリアやエイズなどの感染症対策について正しく理解してもらうための啓発活動を行う医療ボランティアとして2年間赴任しました。

ニジェール共和国では、どのようなご活動をされたのでしょうか?

現地での活動は、マラリアをはじめとした感染症に関する知識の普及です。私の担当は6つの村でしたが、当時のニジェール共和国の識字率はおよそ17%。感染症に関する講習会を開こうとしても、文字が読めなければ資料を配布しても意味がありません。そのため、絵や記号を使って紙芝居をつくったり、ラジオ番組とコラボしたりと、さまざまな工夫を凝らしてマラリアの感染知識が現地の人々へ普及するよう務めました。
この二年間は、自分では最大限に頑張ったと言えます。ようやく念願叶ってボランティア活動に専念できたこともあり、精神的にも充実していました。ただ、自分の能力の限界も同時に感じました。

原点は「マザーテレサの家」。アフリカの医療課題にデータで挑む薬剤師の画像2

自分の能力の限界とは?

たとえば、マラリアの予防対策は、蚊に刺されないように蚊帳を吊るして使うことです。
地道な啓蒙活動によって、こうした正しい知識を持つ人の割合を、20%から80%にまで引き上げることはできました。しかし、現地の人へ「マラリアにならないために蚊帳で寝ましたか?」とアンケートをとると、「はい」という回答は35%まで落ちてしまう。二年間で感染症予防の知識を普及させることに成功しましたが、行動を変えることができなかったのです。期待通りの結果を残せなかった自分にひどく無力感を感じました。

江戸時代からの伝統「置き薬」の仕組みをアフリカへ

SNSなどの外部サービスアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師マイスタイル

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

SNSなどの外部サービスアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

SNSアカウントでログインされた方にコラム新着記事をお届けします。メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード