1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 丁寧解説! 認定・専門薬剤師のすべて
  4. 小児アレルギーエデュケーター超丁寧解説!

丁寧解説! 認定・専門薬剤師のすべて

更新日: 2023年7月2日 薬剤師コラム編集部

小児アレルギーエデュケーターとは?取得方法とメリット

小児アレルギーエデュケーターとは?取得方法とメリット メインの画像1

小児アレルギーエデュケーターとは?その役割も解説

「小児アレルギーエデュケーター( Pediatric Allergy Educator, PAE)」は、一般社団法人 日本小児臨床アレルギー学会による認定です。

小児アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど)の診療に小児科医と共に関わり、高度なアレルギー診療の知識と、行動科学に基づいた指導技術を身につけたメディカルスタッフ(薬剤師、看護師、管理栄養士)を認定します。

小児患者やその家族に対するアレルギーの薬の服薬指導だけでなく、地域や行政機関・教育機関との連携・指導、学校関係者や地域住民、メディカルスタッフへの啓発・教育活動を担います。

認定を取得するメリット・強み

薬剤師が小児アレルギーエデュケーターとして介入することで、長期間にわたるアレルギー治療薬の正確な使用をサポートし、薬物治療の効果を上げることができるため、小児患者さんやそのご家族から感謝されます。

薬剤師としての知識を、ダイレクトに指導実績に繋げることができるのも特徴です。

アレルギー専門医、多職種メディカルスタッフと協働して、アレルギー疾患をもつ子供達のQOL向上に貢献することができます。

「小児アレルギーエデュケーター」は、こんな人向け

アレルギー小児患者の指導に深く関わりたい
多職種とのコミュニケーション能力を磨きたい
粘り強い性格である

難易度

領域 更新年 勤務歴 試験 論文 学会 症例報告 薬局薬剤師
小児のアレルギー 5年ごと あり 認定時 なし なし 認定時/
更新時

小児アレルギーエデュケーターの詳細

認定団体:一般社団法人 日本小児臨床アレルギー学会

認定申請に必要な資格:

  1. 薬剤師の国家資格
  2. 受験する年の6月1日までに、臨床経験が4年以上(週8時間以上)あること
  3. 基礎講習受講申込み時点で、日本臨床アレルギー学会の会員であること
  4. 認定申請年度よりさかのぼって5年以内に、日本臨床小児アレルギー学会の学術大会に3回以上参加していること

認定時、更新時に必要な単位や条件

認定時 更新時
必要単位 必須の講習あり 5年間で80単位以上
勤務歴の条件 あり あり
試験の有無 筆記試験あり なし
論文発表 なし 単位繰入可
学会発表 なし 単位繰入可
症例報告 必要 必要
推薦状 不要 不要
かかる費用

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。

キーワード一覧

丁寧解説! 認定・専門薬剤師のすべて

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇 研修認定薬剤師資格