丁寧解説! 認定・専門薬剤師のすべて

更新日: 2023年8月20日 薬剤師コラム編集部

腎臓病薬物療法専門薬剤師とは?取得方法とメリット

腎臓病薬物療法専門薬剤師とは?取得方法とメリット メインの画像1

腎臓病薬物療法専門薬剤師とは?その役割も解説

「腎臓病薬物療法専門薬剤師」は、日本腎臓病薬物療法学会(JSNP)による認定です。「腎臓病薬物療法に関する十分な知識と技術を持ち、質の高い腎臓病薬物療法を提供するために実務・教育・研究に従事する者」であり、「腎臓病薬物療法認定薬剤師」が目指せる上位の専門認定です。

腎臓病および透析患者の薬物療法などに関連する医療の実践だけでなく、高いレベルの研究・学術活動が求められます。

認定を取得するメリット・強み

腎臓に関わる薬物適正使用の実践と、その研究について、国内外において高いレベルまで究めることができます。認定の取得時だけでなく更新条件にも、全国レベルや国際的学会での発表・論文投稿の両方が必須であり、常に研究・教育活動に励む立場となります。認定を受けた場合、日本腎臓病薬物療法学会のサイトに氏名が掲載され、腎臓病薬物療法における貴重なスペシャリストとして周知されます。

また、高い専門性を活かして、腎臓病に限らず、加齢による腎機能低下に対する薬物治療へも大きく貢献できます。

「腎臓病薬物療法専門薬剤師」は、こんな人向け

腎臓病の薬物療法について誰よりも究め、最先端を走りたい
臨床だけでなく、研究もしっかり行いたい
腎臓病の専門病院・病棟で働いている

難易度

領域 更新年 勤務歴 試験 論文 学会 症例報告 薬局薬剤師
腎臓病 5年ごと 腎臓病薬物療法認定薬剤師として3年以上 取得時 取得時
更新時
取得時
更新時
更新時

腎臓病薬物療法専門薬剤師の詳細

認定団体:腎臓病薬物療法学会

認定申請に必要な資格:

  1. (1)日本の薬剤師資格
  2. (2)日本腎臓病薬物療法学会の会員を継続している
  3. (3)腎臓病薬物療法認定薬剤師として3年以上腎臓病薬物療法に携わっている

初回取得時、更新時に必要な単位や条件

初回取得時 更新時
必要単位 なし 5年間で20単位以上(毎年1単位以上)
(JSNP主催の学術大会参加単位が3単位以上)
(指定講演2回以上参加)
(2021年は特例として5年間で16単位以上、
2020年の単位取得がなくても更新可能)
勤務歴の条件 腎臓病薬物療養認定薬剤師として3年以上活動 専門薬剤師としての活動歴が必要
試験の有無 筆記試験あり なし
論文発表 直近10年で3編以上(筆頭著者1編以上) 5年間で1編以上(共同著者可)
学会発表 直近10年で5回以上(筆頭発表者2回以上) 5年間で2回以上(共同発表可)
症例報告 不要 腎臓病薬物療法に携わった活動履歴
推薦状 必要 不要
かかる費用

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。

キーワード一覧

丁寧解説! 認定・専門薬剤師のすべて

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 年収・待遇 研修認定薬剤師資格 ファーマスタイル