1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 2足の草鞋を履く薬剤師
  4. 「薬剤師×発信」面調剤で自分自身の理想を目指す

2足の草鞋を履く薬剤師

更新日: 2022年1月15日

「薬剤師×発信」面調剤で自分自身の理想を目指す

メインの画像

現在、4店舗を経営する代表として忙しい毎日を過ごしているそーえさん。
代表の立場から、学生の頃から思い描いていた薬剤師というお仕事についてうかがいました。
さらに自身の経営など経験したことをブログで発信しています。活動の幅を広げる意図や求められる薬剤師について語られています。

大学生の頃に考えた面調剤薬局の経営を実現

さっそくですが、これまでの経歴や活動について教えてください。

そーえさん

私は薬剤師免許取得後、製薬会社でMRとして働いていました。もともと薬局経営には興味はあったのですが、大学生の頃は私が理想としていた面調剤がメジャーではなく、MRとして医師に提案することが私の薬剤師の理想に近いのではないかと製薬企業への就職を選びました。

でも実際に働いてみると、患者情報を持たないMRからの提案には限界を感じました。さらに、MRの情報提供等に関する規制も最近は大きくなり、自分が描いたMRをするのは難しいと感じるようになりました。そこで、以前から興味があった面薬局をスタートした次第です。

学生の頃からということは、何かきっかけがあったのですか。

そーえさん

きっかけというか、反骨心のようなものです。僕は薬剤師免許を取る勉強の中で、薬剤師ができることは多いと感じていました。薬剤師もドクターと同じで人を集められるのではないか、と。

でも、自分が面調剤をやりたいと言った時「薬局は病院のドクターからもらった処方を出すだけだから」という人ばかりでした。ずっとこれが心の中で引っかかっていて、自分のプラン・考えは間違えていないという証明がしたかったのです。

髪を切るなら相性の合う美容師さんを目指してお客さんが集まる、美味しいものを食べたいなら好きな料理を目指してレストランにお客さんが集まる、というのが基本的な考えだと思います。薬局も美容院やレストランのように、そこにしかないものを提供できればファンが集まると思っていました。

面調剤薬局の経営で大変だったことを教えてください。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

井手 綾子の画像

井手 綾子
いで あやこ

福岡県生まれ。地方のフリーペーパーの編集を経験し、編集長となる。フリーランスとなってからは、全国紙や地方紙、webなどの編集・執筆を行う。取材経験は20年超、取材人数1000人以上。自分の闘病経験・治験を受けた経験から、医療関係、医薬品関係などの執筆に力を入れている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

2足の草鞋を履く薬剤師

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

糖尿病 薬物療法・作用機序 業界動向 学習方法 ファーマスタイル 医療クイズ 疾患・病態 薬歴 ebm 感染症対策