• 薬剤師
  • コラムが読める

明日使えるOTC医薬品 提案のコツ

更新日: 2020年7月17日

頭痛の薬を買いに来たビジネスマンに適した痛み止めは?

頭痛の薬を買いに来たビジネスマンに適した痛み止めは?の画像1

市販の痛み止めには、眠気を催す「催眠鎮静薬」を配合した商品がたくさんあります。仕事や勉強を頑張るために薬を飲んだ場合、せっかく痛みは治まっても、今度は眠くて仕事がはかどらない・・・となってしまっては本末転倒です。こうした事態を防ぐためには、パッケージの豪華さではなく、成分によって商品を選ぶことが大切です。また、痛み止めは気軽に使える薬でもあるため、使い過ぎには十分な注意が必要です。

Point

市販の「痛み止め」には、眠気を催す「催眠鎮静薬」を配合した商品が多い
「催眠鎮静薬」には眠気のほかに習慣性や薬疹のリスクもあるため、安易な推奨は控える
痛み止めの使い過ぎによる「薬物乱用頭痛」にも注意

市販薬の痛み止めに含まれる成分

薬効分類 成分名
解熱鎮痛薬 アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、
アスピリン、エテンザミド、イソプロピルアンチピリン
中枢興奮薬 カフェイン
催眠鎮静薬 アリルイソプロピルアセチル尿素、ブロモバレリル尿素
制酸薬 酸化マグネシウム、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、
合成ヒドロタルサイト、水酸化アルミニウムゲル

薬を飲んで仕事や勉強を頑張りたい人に、「眠気」は禁物

 現在、痛み止めとして販売されている市販薬には「催眠鎮静薬」を配合した商品が多くあります。こうした成分を配合した商品には「プレミアム」や「DX」といった名前がつけられており、しかもパッケージもキラキラして豪華なものが多いため、一見すると通常の商品よりもよく効く薬のように思えます。そこに店舗独自の推奨POPなどがついていれば、なおさらです。
しかし、「催眠鎮静薬」は文字通り眠気を催しやすいため、「薬を飲んで寝てしまいたい」という場合にはたしかに便利ですが、「薬を飲んで仕事や勉強を頑張ろう」という場合には、せっかく薬で痛みが治まったのに眠くなって作業効率が低化する、という本末転倒な事態にも繋がりかねません。薬を何のために使うのか、その目的はしっかりと確認する必要があります。

痛み止めの第一選択には、「催眠鎮静薬」を含まない商品を

「催眠鎮静薬」は、実際に頭痛や生理痛などの痛みの緩和に効果がある、鎮痛薬の効果を高めるといった明確な根拠はありません。 …

この記事の続きを読むには

児島 悠史の画像

児島 悠史 こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

明日使えるOTC医薬品 提案のコツ

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード