• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 明日使えるOTC医薬品 提案のコツ
  4. 「風邪で咳がつらい」患者さんに適した咳止め薬は?

明日使えるOTC医薬品 提案のコツ

更新日: 2020年10月22日

「風邪で咳がつらい」という人に適した咳止めの薬は?

明日使えるOTC医薬品 提案のコツの画像1

風邪症候群では一般的に、鼻水・鼻詰まりなどの「鼻症状」と「咳」、「喉の痛み」の症状が、どれか1つだけが突出することなく、全部まとめて同程度に現れます。しかし、その中でも「咳」は体力を消耗し、眠りも妨げ、多くの人にとって最も厄介な症状になります。風邪で咳がつらい時には鎮咳薬が良い選択肢になりますが、その咳症状が出始めたタイミングや痰の有無によって、有益な薬は少し変わってきます。より安全で効果的な薬を選ぶためには、咳止めの薬をどう選べば良いのかを解説します。

Point

チェック風邪の初期の「痰が絡む湿った咳」か、終盤からの「乾いた咳」で、薬の有益性は少し変わりそう
チェック複数の成分を配合した薬は、それだけ副作用も多くなることに注意
チェック「風邪」を自称する人の「肺炎」や「結核」に気をつける

風邪の咳に効果的とされている薬の例

薬効分類 成分 特徴
鎮咳薬 デキストロメトルファン 風邪による急性の咳にも効果的です1)
去痰薬 カルボシステイン、アンブロキソール、ブロムヘキシン 風邪の咳症状を少し和らげる効果が報告されています2,3,4)
抗ヒスタミン薬 クロルフェニラミン 「デキストロメトルファン」には劣りますが、多少の効果は期待できます1)
漢方薬 小青竜湯、麦門冬湯 「小青竜湯」は湿った咳5)、「麦門冬湯」は乾いた咳6)にそれぞれ効果的です

「湿った咳」か「乾いた咳」かによって、薬の選び方は変わる

風邪薬(総合感冒薬)には、咳止めとして「ジヒドロコデイン」などの麻薬性鎮咳薬、「メチルエフェドリン」などの気管支拡張薬がよく配合されていますが、これらの薬は風邪の咳症状にはほとんど効果が期待できません7)。特に、麻薬性鎮咳薬を風邪真っ只中の痰が絡む「湿った咳」が出ている時に使うと、痰の粘りが強くなって症状は悪化する恐れ8)もあります。そのため、風邪の際にはこれらの薬を避け、実際に効果が報告されている「デキストロメトルファン」1)や去痰薬2,3,4)の入った商品を選ぶのが妥当と考えられます。
一方、風邪の後に残る乾いた咳(感染後咳嗽)には麻薬性鎮咳薬もそこそこ良い選択肢になります9)。つまり鎮咳薬を選ぶ際には、今の咳が痰の絡む「湿った咳」で鼻症状や喉の痛みも伴っている風邪初期のものなのか、あるいは風邪終盤の「乾いた咳」で他に症状は無いのか、といった視点が1つ大事な判断基準になります。

  風邪の初期から現われる咳 風邪の終盤から現われる咳
咳のタイプ 痰の絡む湿った咳が多い 痰の絡まない乾いた咳が多い
時間による影響 特になし 就寝前~夜に悪化する傾向がある10)
他の症状 鼻水・鼻詰まり、喉の痛み 乾いた咳だけ
効果のある薬 鎮咳薬(デキストロメトルファン)、去痰薬、抗ヒスタミン薬、ハチミツ、小青竜湯 鎮咳薬全般、抗ヒスタミン薬、麦門冬湯

「咳止め」

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

明日使えるOTC医薬品 提案のコツ

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード