1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 明日使えるOTC医薬品 提案のコツ
  4. 薬の代わりに使える「生理食塩水」の点鼻

明日使えるOTC医薬品 提案のコツ

更新日: 2024年3月13日 児島 悠史

点鼻薬を何度も使ってしまう人に、”代わり”として提案できる「生理食塩水」製剤

点鼻薬を何度も使ってしまう人に、”代わり”として提案できる「生理食塩水」製剤の画像

点鼻薬を何度も使ってしまう人に提案できる、「生理食塩水」の点鼻製剤

花粉症などの鼻炎症状の治療には、ステロイドや抗ヒスタミン薬、場合によっては血管収縮薬の点鼻薬を使うことがありますが、いずれも用法は1日2~4回程度、多いものでも6回が上限です。しかし、特に血管収縮薬は効果が持続しないこともあって、用法を逸脱して“何度も繰り返し使ってしまう”という事態がよく起こります。

そんなとき、使用回数に上限のない「生理食塩水」の点鼻製剤は、血管収縮薬の代わりに“何度も繰り返し使える製剤“として、非常に便利な代替案になります。

ポイント

pointの画像1 「血管収縮薬」を配合した点鼻薬を使い過ぎると、薬剤性の鼻炎を起こす
pointの画像2 ドラッグストアには、「生理食塩水」だけの点鼻製剤が販売されている
pointの画像3「生理食塩水」の点鼻で、血管収縮薬の点鼻回数・頻度を減らすことができる

気を付けたい「薬剤性鼻炎」~血管収縮薬を配合した点鼻薬の使い過ぎで起こる鼻炎

または

m3.com会員登録いただくと、医療ニュースや全てのコラム記事が読み放題&ポイントが貯まる

新規会員登録(無料)

こちらもおすすめ

児島 悠史の画像

児島 悠史
こじま ゆうし

薬剤師 / 薬学修士 / 日本薬剤師会JPALS CL6。
2011年に京都薬科大学大学院を修了後、薬局薬剤師として活動。
「誤解や偏見から生まれる悲劇を、正しい情報提供と教育によって防ぎたい」という理念のもと、ブログ「お薬Q&A~Fizz Drug Information」やTwitter「@Fizz_DI」を使って科学的根拠に基づいた医療情報の発信・共有を行うほか、大学や薬剤師会の研修会の講演、メディア出演・監修、雑誌の連載などにも携わる。
主な著書「薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100(羊土社)」、「OTC医薬品の比較の比較と使い分け(羊土社)」。

キーワード一覧

明日使えるOTC医薬品 提案のコツ

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

薬剤師がm3.comに登録するメリットの画像

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 調剤報酬改定 薬物療法・作用機序 服薬指導 派遣薬剤師 医療過誤・ヒヤリハット 漢方 ライフ・雑学 年収・待遇 OTC医薬品