• 薬剤師
  • コラムが読める

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュース

更新日: 2021年6月11日

電子化の波到来による「紙の添付文書」の行方

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュースの画像

医療用医薬品の包装内に同梱されている添付文書がなくなります。と言っても、医療用医薬品への同封される紙の添付文書が廃止されるだけで、添付文書と同様の情報が「注意事項等情報」として電子化され、Pmdaのサイトや各製薬会社のホームページ等インターネット上で公開されます。一般用医薬品については、高齢者や子供などインターネット上の情報にアクセスするのが困難なケースを考慮して、紙の添付文書の同梱が継続されます。

紙の添付文書はいつなくなるの?

添付文書の電子化(紙の添付文書の廃止)は2019年12月に公布された改正薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)の中で義務化されたものです。施行日は2021年8月1日ですが、2023年7月31日までは経過措置期間として電子化された添付文書の提供と紙の添付文書の同梱を並行して行うことが認められています。つまり、今年の8月から少しずつ紙の添付文書の同梱がなくなり、2023年8月には完全に姿を消してしまうということですね。

注意事項等情報(電子化された添付文書)の閲覧方法は?

添付文書の同梱が廃止されれば、添付文書で確認している情報はインターネット上で公開される注意事項等情報から手に入れるしかありません。これまで同様にPmdaや各製薬会社のホームページから手に入れる方法もありますが、より簡単に手に入れる方法が準備されています。

それが「添文ナビ」というアプリで、日本製薬団体連合会、医療機器産業連合会、GS1 Japanが、改正薬機法による添付文書電子化の施行に合わせて共同で開発したスマートフォン用アプリです。

改正薬機法では添付文書の電子化と同時に医薬品・医療機器の容器や包装に符号を記載することが義務化されており、厚生労働省は符号にGS-1コードを採用することを決定しています。施行日は2022年12月1日となっていますが、ほとんどの医薬品の包装にはすでにGS-1コードが印刷されています。

添文ナビはこのGS-1コードを読み取ることで最新の添付文書を閲覧することが可能になるアプリです。

すべてのコラムを読むには m3.com に会員登録(無料)が必要です

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュース

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード