ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュース

更新日: 2022年8月30日

塩野義のコロナ新薬ゾコーバ承認の行方は?

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュースの画像

参考記事
塩野義のコロナ経口薬「ゾコーバ」緊急承認ならず 薬事分科会・医薬品第二部会の合同部会、慎重意見が多数

塩野義製薬が緊急承認を申請していた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の経口治療薬、「ゾコーバ錠125mg」(一般名:エンシトレルビルフマル酸)は緊急承認が再び見送られ、継続審議となった。7月20日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の薬事分科会と医薬品第二部会の合同部会(分科会長:太田茂・和歌山県立医科大学薬学部教授)で審議し、緊急承認の要件である「有効性の推定」をするには不十分と結論づけた(資料は厚労省のホームページ )。5月に施行した改正薬機法で新たに認められた「緊急承認」を適用した初の審議の対象だったが、初の承認とはならなかった。

ゾコーバ錠は塩野義製薬が緊急承認(緊急承認については過去の記事で解説しています)を申請していますが、2022年6月22日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会では承認が見送られ継続審議となりました。今回、さらなる議論の場として、7月20日に厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の薬事分科会と医薬品第二部会の合同部会で審議が行われましたが、今回も承認見送り、継続審議という結果になりました。

今回の審議はオンラインで公開されての開催だったため、実際に視聴したという方もいらっしゃるのではないでしょうか?(ぺんぎん薬剤師は残念ながら視聴できませんでした)
今回はゾコーバ錠の緊急承認が見送られた理由について、ぺんぎん薬剤師になりにわかりやすく解説してみたいと思います。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュース

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 服薬指導 業界動向 新薬 医療クイズ 転職 薬機法 ebm 感染症対策 薬剤師あるある