ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュース

更新日: 2023年11月9日 ぺんぎん薬剤師

地域医薬品提供計画?共用医薬品?〜日本薬剤師会の政策提言

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュースの画像

関連記事国民・患者が安心して薬剤師にアクセスできる環境づくり提言 日薬 検討状況や情勢踏まえた改訂版「政策提言」を公表

日本薬剤師会はこのほど「国民皆が良質な薬剤師サービスを享受できる社会を目指して」と題した政策提言をとりまとめた。日薬では令和3年、4年と2度の政策提言を公表しているが、20日に行った定例会見で山本信夫会長は、その後の検討状況や周辺動向などを踏まえた改訂版との位置づけを説明し、全体として引き続き患者が安心して薬剤師にアクセスできる環境を作ることを目指すビジョンにあるとした。

日本薬剤師会は、2021年5月に初めて政策提言という形で薬剤師・薬局の姿についての意見を公表し、2022年6月にはその政策提言の改訂を行ないました。このたび、2023年版としてさらなる改訂を行なった政策提言が公開されました。

1.提言に記された7項目

日本薬剤師会の政策提言(2023年からはタイトルから年の記載が削除)は下記7項目に分けられています。

  1. 地域医薬品提供計画(仮称)の策定
  2. 医薬品の研究開発の促進、製造・流通・安全確保体制の整備
  3. 医療用一般用共用医薬品(仮称)類型の創設
  4. 医療DXにおける薬局業務の高度化推進
  5. 地域への過不足ない医薬品提供をより確かなものとするための方策
  6. 臨床と基礎が適切に融合された薬剤師業務実践に向けた薬学教育の改善
  7. 薬事衛生に関わる社会活動を通じた薬剤師の役割

2022年版では9項目あった費用対効果評価の対象品目の指定基準が、2023年の公開に合わせて見直しが行われ、7項目に変更されています。

変更した項目がわかるように並べて比較してみます。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ぺんぎん薬剤師のスッキリわかる臨床ニュース

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師あるある 調剤報酬改定 服薬指導 業界動向 薬剤師に聞きました アンケート 医療クイズ 失敗列伝 診療報酬改定 ebm