• 薬剤師
  • コラムが読める

薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験

更新日: 2020年8月16日

第105回国試の傾向(3)合格基準が相対基準となった今、基礎科目は不要なのか??

第105回国試の傾向(3)合格基準が相対基準となった今、基礎科目は不要なのか??の画像1

合格基準が相対基準となり、理論問題での足切りがなくなった薬剤師国家試験(以下、国試)。苦手な学生が多い基礎科目(物理、化学など)の勉強をするより、得点の取りやすい薬理や配分の多い実務の勉強をした方がいい。なんて声が聞こえてきますが、本当にそうなのでしょうか?
反応の生成物の正誤を問う国試問題が近年どう変化してきたのか、実際の国試問題を確認してみましょう。

問1〜2

98歳女性。体重30kg。逆流性食道炎のため、薬物アが処方された。

(処方)
薬物ア錠10mg粉砕 
1回0.7錠(1曰0.7錠)
1日1回 朝食後 14日分

薬剤師が処方監査を行ったところ、粉砕して服用すると問題があることが判明したため、処方の変更を医師に提案することとなった。

第105回国試の傾向(3)合格基準が相対基準となった今、基礎科目は不要なのか??の画像2

問1(化学) 正答率※:54%

薬物アが生体内において受ける変化(A~D)に関する記述のうち、粉砕した後に服用すると問題が起こる理由と深く関連しているのはどれか。1つ選べ。

第105回国試の傾向(3)合格基準が相対基準となった今、基礎科目は不要なのか??の画像3

画像を拡大する

  • Aの反応が胃内の環境において加速される。
  • Bの過程で不斉中心が消失する。
  • Cの過程で硫黄原子上における求核置換反応が進行する。
  • Dの過程で薬物が酵素のシステイン残基と反応する。
  • A~Dの反応が胃壁細胞のプロトンポンプ付近で起こる。

問2(実務) 正答率※:69%

粉砕して服用する場合の不都合を回避するために、当該病院の採用薬の中から薬剤師が提案する薬物として、適切でないのはどれか。1つ選べ。ただし、これらの薬剤は全て錠剤であり粉砕して用いるものとする。

第105回国試の傾向(3)合格基準が相対基準となった今、基礎科目は不要なのか??の画像4

画像を拡大する

コメント

問1(化学)では選択肢に記載されている全ての反応が、薬物ア(ラベプラゾール)を投与した際に生体内で起こっている反応であり、選択肢を見ただけでは解答を導くことができません。リード文をしっかり読むことで正解を導くことが出来る読解力を必要とする問題です。 また、問2(実務)では、選択肢の全てが構造式であり、化学の知識無くしては解答することができません。合格基準が変わっても『構造がわかる薬剤師』が必要だと言われている気がしませんか?

解答・解説

すべてのコラムを読むにはm3.comに会員登録(無料)が必要です

原田 真理の画像

原田 真理
はらだ まり

学校法人 医学アカデミー 薬学ゼミナール オンライン教室、講師(化学)、薬剤師。日本大学卒業。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬ゼミ徹底分析!薬剤師国家試験

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード