• 薬剤師
  • コラムが読める

薬ゼミ講師が選ぶ「最新国試、これ解けますか?」

更新日: 2019年7月3日

第104回の傾向① 科目をまたいだ出題

 合格率は70.91%で、前回より0.33ポイント上昇した第104回薬剤師国家試験。新卒合格率は前回を上回ったものの、既卒合格率は43.07%と、前回より3.93ポイント下回りました。
全体として、必須問題は「平易~やや平易」、理論問題は「やや難」、実践問題は「中等~やや難」と総評を発表した薬学ゼミナールの講師 村上 理先生に、現役薬剤師の方にもぜひ力試ししてほしい問題を選出&解説いただきました。

問1【正答率※:42.7%】
35歳男性。身長172cm、体重67kg。頭痛と四肢の脱力感があり、血圧が180/110mmHgであったため病院を受診した。血液検査の結果、血清カリウム値は3.0mEq/Lであった。
血中の甲状腺ホルモン値、カテコールアミン値、ACTH値には異常を認めず、腹部CT検査にて両側副腎の腫大を認めた。本症例に対する治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。
  1. プレドニゾロン
  2. スピロノラクトン
  3. アムロジピン
  4. フロセミド
  5. ニトログリセリ
問2【正答率※:10.8%】
前問で選択した2つの薬物を長期服用したところ、女性化乳房が出現した。この副作用発現に関わる受容体として正しいのはどれか。2つ選べ。
  1. ドパミンD2受容体
  2. グルココルチコイド受容体
  3. アンドロゲン受容体
  4. アルドステロン受容体
  5. プロゲステロン受容体
【解答・解説】はこちら

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

薬ゼミ講師が選ぶ「最新国試、これ解けますか?」

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする