• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!
  4. 明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

更新日: 2021年2月8日

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

臨床情報がまるわかり!クレデンWEBが始まります!の画像

全国の薬剤師へ専門性の高い最新の医薬情報を提供している月刊誌ファーマスタイル。そのWEB版がm3.comで閲覧できるようになりました。薬剤師なら抑えておきたい医療記事を毎月ピックアップしてご紹介します。

冬は、乾燥した外気や皮脂の欠乏、発汗の低下といった環境要因から、掻痒の症状が増悪しやすい時期です。人間は様々な場面でかゆみを感じる。虫や花粉などの外部刺激物質によるかゆみのほか、皮膚疾患としてかゆみを感じやすいのはアトピー性皮膚炎。疾患ごとにかゆみの強さをスコア化した研究では、最大限にかゆい状態を10とした時、アトピー性皮膚炎は6. 2、蕁麻疹は6. 8、尋常性乾癬は3. 9、白癬は2. 3という結果でした。一方で、全身に痒みを生じる汎発性皮膚瘙痒症は、腎不全や肝障害、血液疾患をはじめとする種々の基礎疾患に伴うことが多くなります。

かゆみを抑制するエキスで、脳への伝達速度を抑制

オピオイド受容体のバランスを是正するナルフラフィンは、世界初の選択的オピオイドκ受容体作動薬として血液透析患者の著しい掻痒症状の抑制に貢献しています。また最近では、温泉水に生息するアクアドロミアエという細菌の抽出エキスが、プロテアーゼ活性化受容体(PAR)- 2の阻害や胸腺間質性リンパ球新生因子(TSLP)の抑制などに作用し、非ヒスタミン性のかゆみを抑制するという研究データが得られており、当該エキスを含んだ保湿剤が販売されています。

続きは、是非下記の記事よりご確認ください。

明日から使える知識、抗ヒスタミン薬が奏功しない「かゆみ」

Lazy

記事を読む

関連記事

皮膚炎など慢性的なかゆみを起こす脊髄のメカニズムを発見

米国科学誌「Journal of Allergyand Clinical Immunology」で研究成果を発表。将来的にかゆみを鎮める治療薬の開発に向け全容解明が進められている。

アトピー性皮膚炎、IL-31によるかゆみを選択的に脳に伝える物質を特定

タンパク質の機能解析により、重篤なアトピー性皮膚炎の治療に貢献。かゆみをコントロールする新たな選択肢の可能性を示唆している。

Apple Watch用かゆみ計測アプリ「Itch Tracker」公開

ソフトウェアの一部機能を改良し、世界で一般向けに公開。進化するアプリの役割に、患者だけでなく医療従事者のスキルが問われている。


まとめ

ご紹介した記事の他にも、ファーマスタイルでは最新の医療情報を豊富にそろえています。服薬指導や処方監査など、気になるテーマの記事はこちらからご確認ください。


すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード