1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!
  4. 調剤薬局での服薬フォローアップどうしてる?

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

更新日: 2022年10月25日

調剤薬局での服薬フォローアップどうしてる?

臨床情報がまるわかり!クレデンWEBが始まります!の画像

全国の薬剤師へ専門性の高い最新の医薬情報を提供している月刊誌ファーマスタイル。そのWEB版がm3.comで閲覧できるようになりました。薬剤師なら押さえておきたい医療記事を毎月ピックアップしてご紹介します。

薬剤使用期間中の患者フォローアップの実際

2020年に義務化となる前から、個々の薬剤師の判断で電話での体調確認を実施していた「ブルークロス調剤薬局」。しかし、服薬フォローアップの方針や手段はバラバラで、患者数が多い店舗では余裕がないなどの課題を抱えていました。

そこで全14店舗の薬局チェーンのうち、3店舗から目標設定や推進メンバーの選定、店舗内成功事例の共有など、服薬フォローアップの組織変革を実施。

また服薬フォローアップをグループ全体に浸透させるため、資材の有効活用、取り組みを集計化、数値化し、結果として96%超のフォローアップ賛同率を実現しています。

さらに、「ブルークロス調剤薬局」で利用しているツールや先行的に実施した3店舗における1カ月の実績を公開。

実例に基づき、アトピー性皮膚炎、胃がん、高血圧の患者さんに対する服薬フォローアップの概要や報告内容を紹介し、服薬フォローアップの体制強化に向けた中長期的な仕組みづくりを提案しています。

続きは、是非下記の記事よりご確認ください。

記事を読む

関連記事

変革の波が迫る薬剤師業務・薬局機能めぐり対応を議論

2022年3月に行われた「日本薬剤師会第99回臨時総会」における質問内容を公表。診療報酬改定で実現したリフィル処方箋を含め、新たな問題点について言及しています。

対人業務の充実には「障害の明確化」が必要と指摘

薬剤師の対人業務の充実をテーマとした検討会の報告内容です。改めて服薬フォローアップの推進が重要であることが示されています。

薬剤師による服薬フォローの実態と成果を公表

薬剤師がフォローアップを行う背景として、患者の状況について71%が「問題あり」と判断したと回答。処方変更や経過改善などフォローアップ後の改善結果が分かる内容です。

まとめ

ご紹介した記事の他にも、ファーマスタイルでは最新の医療情報を豊富にそろえています。服薬指導や処方監査など、気になるテーマの記事はこちらからご確認ください。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

新型コロナ 服薬指導 業界動向 漢方 ライフ・雑学 ファーマスタイル 医療クイズ 疾患・病態 ebm 感染症対策