1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!
  4. 「かくの木薬局」の薬剤師が語る、患者フォローアップとは?

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

更新日: 2022年11月15日

「かくの木薬局」の薬剤師が語る、患者フォローアップとは?

臨床情報がまるわかり!クレデンWEBが始まります!の画像

全国の薬剤師へ専門性の高い最新の医薬情報を提供している月刊誌ファーマスタイル。そのWEB版がm3.comで閲覧できるようになりました。薬剤師なら押さえておきたい医療記事を毎月ピックアップしてご紹介します。

薬剤使用期間中の患者フォローアップの実際

フォローアップへの意識が高まったのは、2015年の「患者のための薬局ビジョン」がきっかけです。2020年にはコロナ禍の影響で患者さんが病院の受診を控え、来局者数は減少。

そこで総合病院の門前薬局である当薬局では、糖尿病や高血圧、がん患者さんに対して個別に電話し、継続的な受診や服用の重要性をお伝えしました。

また1か月に10件程度のリフィル処方箋を応需しており、投薬時に次回の来局日を確認し、来局予定日の1週間前にフォローアップを行っています。現在では患者さんの8割以上がフォローアップを了解され、適宜医師にフィードバックしている状況です。

フォローアップの連絡方法は、電話以外に携帯のショートメッセージ(SMS)を利用しています。薬歴ソフトウェアのバージョンアップにより、フォローアップと薬歴が連動できるので、電子管理がしやすい環境です。これにより2022年8月の実施件数は、1か月で143件(電話:23件、SMS120)となりました。

続きは、是非下記の記事よりご確認ください。

記事を読む

関連記事

放射線治療後、採血結果に気付かず抗がん剤継続、劇症肝炎を診断

医療事故の再発防止を目的とする、ヒヤリ・ハット事例の紹介です。副作用のモニタリングや採血結果の確認が行われなかった要因が分かります。

アダラートCR錠で注意喚起「分割、粉砕、かみ砕いての服用」は不可

医薬品医療機器総合機構による「医薬品の服用方法に係る注意喚起」。アダラートCR錠の構造と重篤な副作用が発現する可能性について言及している内容です。

抗凝固療法、腎機能や投薬開始からの時間経過で出血リスクが変化

抗凝固薬の服薬継続と出血リスクに関する研究結果です。リバーロキサバンを服用中の患者において「腎機能の違いで出血リスクが異なるのか」を解析しています。

まとめ

ご紹介した記事の他にも、ファーマスタイルでは最新の医療情報を豊富にそろえています。服薬指導や処方監査など、気になるテーマの記事はこちらからご確認ください。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

新型コロナ 服薬指導 業界動向 漢方 ライフ・雑学 ファーマスタイル 医療クイズ 疾患・病態 在宅医療 ebm