1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!
  4. 服薬指導に役立つ!患者様向け資材「かゆみ編」

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

更新日: 2023年1月17日 薬剤師コラム編集部

服薬指導に役立つ!患者様向け資材「かゆみ編」

臨床情報がまるわかり!クレデンWEBが始まります!の画像

全国の薬剤師へ専門性の高い最新の医薬情報を提供している月刊誌ファーマスタイル。そのWEB版がm3.comで閲覧できるようになりました。薬剤師なら押さえておきたい医療記事を毎月ピックアップしてご紹介します。

服薬指導に役立つ患者様向け資材特集 かゆみ編

かゆみの症状には様々な疾患が関連し、「痛みよりもつらい」と訴える患者様もいます。そこで今回は服薬指導や会話にも役立つ、つらいかゆみを抱える患者様向けの資材を2冊ご紹介します。

1冊目は「冬のかゆみ対策大作戦!第2弾スキンケア編(鳥居薬品株式会社)」。

本資材は「かゆみに悩みを抱える透析の患者さん」が主な対象者として想定されています。冬の生活でかゆみを少しでも抑えるため、部屋の温度設定や入浴で注意すべきこと、衣類を選ぶポイントなど患者さんとのコミュニケーションに役立つ内容です。

その他、かゆみの伝達のしくみや透析でスキンケアが必要な理由、保湿剤を塗るポイントなどイラスト入りで掲載されています。

2冊目の「尋常性乾癬と診断されている方へラクだ計画(アムジェン株式会社)」については、本記事よりご確認ください。

記事を読む

関連記事

しつこい「かゆみ」の悪循環の仕組みを解明

九州大学、岡山大学、ジョンズ・ホプキンス大学の研究グループが「かゆみを発生させる仕組み」を解明。慢性的なかゆみに有効な治療薬につながる可能性について言及しています。

エストロゲンの変動で「かゆみ」の感じ方が変化する仕組みをラットで解明

国立遺伝学研究所による女性ホルモンとかゆみの関係性についての研究結果です。「エストロゲン」と「プロゲステロン」の変動による引っ掻き行動を解析しています。

抗ヒスタミン薬から新展開、かゆみ治療薬続々

順天堂かゆみ研究センター富永光俊氏へのインタビュー記事。日本で開発された中枢性かゆみ治療薬ナルフラフィンなど新薬の新たな課題について解説している情報です。

まとめ

ご紹介した記事の他にも、ファーマスタイルでは最新の医療情報を豊富にそろえています。服薬指導や処方監査など、気になるテーマの記事はこちらからご確認ください。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

調剤報酬改定 業界動向 ライフ・雑学 薬物療法 研修認定薬剤師資格 ファーマスタイル 専門・認定薬剤師資格 医療クイズ 診療報酬改定 スキルアップ