1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!
  4. 【書籍から学ぶ】『ゆるりとはじめる精神科の1冊目』

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

更新日: 2023年9月12日 薬剤師コラム編集部

【書籍から学ぶ】『ゆるりとはじめる精神科の1冊目』

臨床情報がまるわかり!クレデンWEBが始まります!の画像

全国の薬剤師へ専門性の高い最新の医薬情報を提供している月刊誌ファーマスタイル。そのWEB版がm3.comで閲覧できるようになりました。薬剤師なら押さえておきたい医療記事を毎月ピックアップしてご紹介します。

書籍『ゆるりとはじめる精神科の1冊目』から学べること

ケーススタディを学べる株式会社じほうの書籍『ゆるりとはじめる精神科の1冊目』は、第1章から第5章で構成。精神科の患者さんに苦手意識をもつ薬剤師におすすめの書籍です。

第1章と第2章では、服薬指導で患者さんの話をうまく聞き出せないと悩む薬剤師のために、患者さんとコミュニケーションをとるためのコツや、他の診療科に比べて処方意図が難しい薬の使い分けなど、精神科の薬物療法に関わる薬剤師が押さえておきたい「基本的な知識と服薬指導に役立つ内容」が分かりやすくまとめられています。

また第3章では実臨床に即した向精神薬の使い方と注意点、第4章では精神科領域で起こりうる有害事象を解説。そして最後の第5章では精神科ものがたり編として、精神科でのリアルなエピソードが小説スタイルで紹介されています。以下は『ゆるりとはじめる精神科の1冊目』に掲載されている一部のケーススタディです。

『ゆるりとはじめる精神科の1冊目』のケーススタディ(一部)【介入前の処方内容】
・包丁を握りしめたせん妄患者
・この患者さん、もしかして錐体外路症状?
・統合失調症?それともうつ病?
・深夜に出会った素足の患者

続きは、本記事よりご確認ください。

記事を読む

関連記事

同じ失敗を繰り返す脳内メカニズムを明らかに、精神疾患の治療応用に期待

大阪大学は「失敗につながる行動がどのように抑制されるのか」について、世界で初めて発見した研究成果を公表。モデル生物の問題点を踏まえ、失敗の経験が脳内にどのようにフィードバックされるのか示しています。

精神疾患による幻覚と思いきや、全く違う疾患

精神科医師1年目の「こうすればよかった…」と反省した事例が掲載されています。「彼氏が迎えに来ているから帰らない。そこにいるでしょ。」と訴える10代の女性に対する治療の経緯が分かる内容です。

過去に行われた非人道的な5つの精神療法

歴史上最も過激な精神疾患の治療法が分かる情報です。安全で健康的な診療を行うために、疑問視されている治療法やロボトミーなどを解説し、「過去の失敗から学び続ける大切さ」を問いかけています。

まとめ

ご紹介した記事の他にも、ファーマスタイルでは最新の医療情報を豊富にそろえています。服薬指導や処方監査など、気になるテーマの記事はこちらからご確認ください。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

コミュニケーション 薬物療法・作用機序 服薬指導 業界動向 研修認定薬剤師資格 ファーマスタイル 専門・認定薬剤師資格 医療クイズ 疾患・病態 スキルアップ