臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

更新日: 2023年11月28日 薬剤師コラム編集部

10代に多い市販薬乱用(オーバードーズ)の患者心理とは?

臨床情報がまるわかり!クレデンWEBが始まります!の画像

全国の薬剤師へ専門性の高い最新の医薬情報を提供している月刊誌ファーマスタイル。そのWEB版がm3.comで閲覧できるようになりました。薬剤師なら押さえておきたい医療記事を毎月ピックアップしてご紹介します。

10歳代の子どもに市販薬の乱用や依存が増加している理由

薬物乱用は、覚せい剤など法律に抵触するものを使用した場合や、処方薬や市販薬など、用法・用量を守らず使用することで、徐々にコントロール障害の状態から薬物依存に発展します。なかでも市販薬は家庭内に日常的に存在し、お酒やタバコとは異なり未成年でも簡単に購入できることから、乱用が増加傾向にあります。

しかし、命綱になっている市販薬を無理やり取り上げてしまうと、自傷行為、過食や嘔吐が生じることがあります。そのため治療は、外来に来てくれた患者さんに「ようこそ。よく来てくれたね。不安じゃなかった?」という姿勢で臨んでいます。通称、「ようこそ外来」です。その他にグループでのプログラムもありますが、まずは一対一で、安心してもらえるように関わっています。

「乱用の頻度が高い市販薬」「依存の背景にある6つの特徴」は、本記事よりご確認ください。

記事を読む

関連記事

胃洗浄、7割強が「行うことある」

誤飲や中毒患者の診療を行ったことがあるm3.com医師会員に尋ねた意識調査の結果です。実際に胃洗浄を行うケースや自由回答が掲載されています。

若者の間で広がる市販の咳止め薬・風邪薬の乱用

家庭用医薬品の乱用から中毒に陥るケースについて、埼玉医科大学病院臨床中毒センター長の上條吉人氏が解説。社会問題となっている現状や患者への対応が分かります。

大麻法改正案、衆院通過 成分含む薬、使用可能に

大麻草から抽出した成分を含む医薬品に関する情報です。日本の患者団体の要望を踏まえ、大麻取締法の名称変更や改正法案の内容について言及しています。

まとめ

ご紹介した記事の他にも、ファーマスタイルでは最新の医療情報を豊富にそろえています。服薬指導や処方監査など、気になるテーマの記事はこちらからご確認ください。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

薬剤師コラム編集部の画像

薬剤師コラム編集部

「m3.com」薬剤師コラム編集部です。
m3.com薬剤師会員への意識調査まとめや、日本・世界で活躍する薬剤師へのインタビュー、地域医療に取り組む医療機関紹介など、薬剤師の仕事やキャリアに役立つ情報をお届けしています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

臨床情報まるわかり!ファーマスタイル!

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

25万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。会員登録は【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

医薬品情報・DI 薬物療法・作用機序 服薬指導 業界動向 薬物療法 研修認定薬剤師資格 ファーマスタイル 専門・認定薬剤師資格 医療クイズ 疾患・病態