1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. プラセボ効果-人と生活と、ときどき薬理
  4. これからの薬剤師の役割。腰痛症状に対するプラセボ効果

プラセボ効果-人と生活と、ときどき薬理

更新日: 2022年3月7日

これからの薬剤師の役割。腰痛症状に対するプラセボ効果から読み解く

プラセボ効果-人と生活と、ときどき薬理メインの画像1

腰痛は身近な健康問題の一つであり、生涯における有症割合は60〜85%、成人の約15%が腰痛を患っているともいわれている1)。慢性腰痛の世界的な有症割合は、過去10年間で100%以上も増加しており、個人レベルの健康問題だけでなく、人間の社会活動にも大きな影響を及ぼしている2)3)4)。今回は慢性腰痛に対するプラセボ効果と、薬剤師の役割について考察したい。

腰痛と慢性化の危険因子

腰痛は、病態生理学的な背景だけでなく、ストレス不安、抑うつなどの心理社会的要因5)、物理的な作業に伴う身体への負荷6)など、極めて多因子的な背景によって引き起こされる疾病である【図1】。特に、抑うつ症状は腰痛の慢性化だけでなく、新規発症とも関連することが知られている7)。さらに、腰痛に対する悲観的な考えによる腰の過剰な保護動作(恐怖回避思考)も、腰痛の慢性化リスクを高める8)

【図1】腰痛の発生と慢性化の危険因子(参考文献6より筆者作成)

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

青島 周一の画像

青島 周一
あおしま しゅういち

2004 年城西大学薬学部卒業。保険薬局勤務を経て2012 年より医療法人社団徳仁会中野病院(栃木県栃木市)勤務。特定非営利活動法人アヘッドマップ共同代表。
主な著書に『OTC医薬品 どんなふうに販売したらイイですか?(金芳堂)』『医療情報を見る、医療情報から見る エビデンスと向き合うための10のスキル(金芳堂)』『医学論文を読んで活用するための10講義(中外医学社)』
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

プラセボ効果-人と生活と、ときどき薬理

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 疑義照会 医療過誤・ヒヤリハット ライフ・雑学 医療ニュース 医療クイズ ランキング 失敗列伝 ebm 感染症対策