• 薬剤師
  • コラムが読める

妊婦・授乳婦へのセルフメディケーションのすすめかた

更新日: 2021年3月4日

【OTC医薬品の選び方】妊婦や授乳婦に販売できる湿布薬は?

妊婦・授乳婦へのセルフメディケーションのススメかたメインの画像1

1.妊娠中や授乳中は「痛み」のトラブルが多い

妊娠中や授乳中はさまざまな痛みのトラブルが付きまといます。生活に支障が出るほどの痛みを抱えて過ごしている方もいるでしょう。具体的に「湿布薬を使って痛みを抑えたい」と思うシーンには、次のようなものがあります。

腰痛

多くの妊婦が経験するツライ腰の痛み。妊娠中は胎盤から分泌されるリラキシンというホルモンの影響により、骨盤や関節の靱帯が柔らかくなります。ここへ大きくなったお腹の重みが加わることで、腰に負担がかかりやすくなるのです。

お腹が大きくなることで体の重心が前に集中し、反り腰になることも関係しています。また授乳中は、ついつい猫背になりやすく、腰に負担がかかる姿勢を長時間続けなければいけないこともあり、腰痛になりやすいものです。

坐骨神経痛

腰痛と同様に、リラキシンや大きくなったお腹の影響で坐骨神経痛になることがあります。椎間板や脊柱管が圧迫され、お尻や脚に痛みが生じてしまうのです。妊娠中だけではなく、産後も筋肉の衰えや関節のゆるみによって坐骨神経痛に悩まされている方は少なくありません。

腱鞘炎

腱鞘炎は授乳中に起こりやすい症状の1つです。沐浴や授乳、抱っこなどで手首に負担がかかりやすいため、腱鞘炎になりやすくなります。サポーターをつけて過ごす手もありますが、なかなか育児を休むことはできないため慢性的に痛みに悩まされやすいのが特徴です。

このように妊娠中や授乳中はさまざまな痛みのトラブルに見舞われます。とくに妊娠中に腰痛に悩まされている方は多い印象です。私がドラッグストアでこれまでに妊婦や授乳婦から実際に受けた相談も、腰痛に関する内容がほとんどでした。ある調査によると、妊娠中に腰痛を経験する方は約80%にも及ぶ1)そうです。

2.妊婦や授乳婦にも販売できるOTCの湿布薬

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

※現在、ソーシャルログイン機能を停止しております。
ご迷惑をお掛けしますが、新規会員登録の上、ご利用ください。

木村 妃香里の画像

木村 妃香里
きむら ひかり

薬学部を卒業後、大手ドラッグストアにて勤務。OTC医薬品の販売を通して「正しい薬の選び方・使い方を広めたい」と思い、現在は医薬品や健康食品、サプリメント関係の執筆をメインに活動中。化粧品検定1級や薬事法管理者などの資格も取得。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

妊婦・授乳婦へのセルフメディケーションのすすめかた

この記事の関連記事

この記事に関連するクイズ

アクセス数ランキング

新着一覧

19万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード