• 薬剤師
  • コラムが読める

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

更新日: 2020年3月30日

注射剤の適切な投与方法は?

オメプラール®注(pH9.5-11.0)やゾビラックス®注(pH約10.4)、アレビアチン®注(pH約12.0)はアルカリ性の薬剤である。投与方法として適切な組み合わせはどれか〔生食注;pH4.5-8.0、5%ブドウ糖注;pH3.5-6.5〕。

【選択肢】

  • A.オメプラール®注20mg+生食注100mL
  • B.ゾビラックス®注250mg+生食注100mL
  • C.ゾビラックス®注250mg+5%ブドウ糖注100mL
  • D.アレビアチン®注250mg+生食注100mL
  • E.アレビアチン®注250mg+5%ブドウ糖注100mL

【選択肢】

  • A.aとb
  • B.aとe
  • C.bとc
  • D.bとd
  • E.bとe

<質問・解説提供>木村友絵・元 北里大学病院薬剤部/木村利美・東京女子医科大学病院薬剤部長出題

解答&解説はこちら
注射剤の適切な投与方法は?

この記事の続きを読むには

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

アクセス数ランキング

新着一覧