• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
  4. Q.単体投与で痙攣発作を起こす恐れのない薬剤は?

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

更新日: 2021年5月11日

単体投与で痙攣発作を起こす恐れのない薬剤は?

単体投与で痙攣発作を起こす恐れのない薬剤は?の画像

次のうち、痙攣・てんかん 重篤副作用疾患別対応マニュアルにおいて、単体で痙攣をおこすおそれのある薬剤として掲載がないものはどれか。

【選択肢】

  • A.レボフロキサシン(クラビット)
  • B.メトクロプラミド(プリンペラン)
  • C.クロミプラミン(アナフラニール)
  • D.テモカプリル(エースコール)
  • E.テオフィリン(テオドール)
解答&解説はこちら
Lazy
単体投与で痙攣発作を起こす恐れのない薬剤は?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

加藤 涼子の画像

加藤 涼子
かとうりょうこ

薬剤師。
ドラッグストアにて一般医薬品と健康食品のご相談・販売経験を経て、調剤薬局に11 年間勤務。
ドラッグストアでの医薬品販売、調剤薬局では内科、整形外科、皮膚科、小児科など幅広い処方せんを取り扱ってきた経験を活かして、どなたにもわかりやすい説明を心掛けています。
現在はメディカルライターとして、お薬についての解説記事などを手掛けています。
参考URL:https://www.kusurinomadoguchi.com/column/media/users/ryokokato
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

関連するクイズ

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード