• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
  4. Q.C2や複数採血によるAUC測定が推奨されているのは?

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

更新日: 2021年6月21日

C2や複数採血によるAUC測定が推奨されているのは?

C2や複数採血によるAUC測定が推奨されているのは?の画像

経口投与される薬物の効果を血中濃度で評価する場合、一定の濃度が維持されていることを確認するため、ほとんどの薬物はトラフ値(最低血中濃度)を測定することを基本としている。
次の免疫抑制剤は、移植領域においてAUC(血中濃度-時間曲線下面積)が臨床効果に相関すると考えられているが、実際にC2(服用2時間後の血中濃度)や複数採血によりAUCの推定・測定が推奨されているのはどの薬剤か。

  • a.シクロスポリン
  • b.タクロリムス
  • c.ミコフェノール酸モフェチル
  • d.エベロリムス

【選択肢】

  • A.aとb
  • B.aとc
  • C.aとd
  • D.bとc
  • E.bとd
  • F.cとd
解答&解説はこちら
Lazy
C2や複数採血によるAUC測定が推奨されているのは?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

木村 利美の画像

木村 利美
きむら としみ

1986年に東薬卒業後、北里大学病院に入局。1987年から病棟業務に携わり、錠剤シートの画像を取り込んだ薬情を開発し、全国に広めた立役者。栄養管理とTDMの米国3ヶ月研修で臨床薬剤師の在り方を見直して、ベッドサイドモニタリングのTDM普及に向け「よくわかるTDM」を執筆。医学博士を取得し、東京女子医大に転職後、感染症・小児・がん領域のPK/PD研究を中心にフィラデルフィア小児病院に1年半留学して、現在に至る。スキー・テニス・アウトドア・カラオケ・発砲系アルコール好き薬剤師。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

関連するクイズ

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード