1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
  4. Q.フォシーガの適応疾患と初回用量の正しい組合せは?

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

更新日: 2021年12月17日

フォシーガの適応疾患と初回用量の正しい組合せは?

フォシーガの適応疾患と初回用量の正しい組合せは?の画像

SGLT2阻害薬であるフォシーガ(成分:ダパグリフロジン)は、適応疾患によって用法・用量が異なる。次のうち、同剤の適応疾患と推奨される初回用量の組合せが正しいのはどれか。

【選択肢】

  • A.2型糖尿病―10mg
  • B.1型糖尿病―10mg
  • C.慢性心不全―10mg
  • D.1型糖尿病合併慢性心不全―10mg
  • E.2型糖尿病合併慢性心不全―5mg
解答&解説はこちら
フォシーガの適応疾患と初回用量の正しい組合せは?

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

稲野 寛の画像

稲野 寛
いなの ひろし

北里大学病院薬剤部 係長 がん診療、教育研修部門兼務
医療業界にゲームを流行らせるべく大学病院に入職したが、日々の業務にもみくちゃにされ、 ぼろ雑巾のようになっているゲーマー薬剤師。専門分野は腎移植、がん、糖尿病。
業務では教育研修部にも席を置き、後進の育成にも積極的に携わっている。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

関連するクイズ

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

キャリア 服薬指導 医療クイズ 転職 ebm 感染症対策 薬剤師あるある アセスメント 調剤基本料 薬剤師ブロガー