• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
  4. 薬剤師へ問題「経管投与中患者への簡易懸濁投与が不適な薬は?」|医療クイズ

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

更新日: 2018年11月26日

医療&薬剤の発展は日進月歩。今日もクイズで重要な医療知識を復習しましょう。

Q

経管投与中患者への簡易懸濁投与が不適な薬は?

photo

経管栄養を行っている患者さんに、チューブから温湯に溶いて薬剤を入れる(簡易懸濁法*1))際に、不適な薬剤は以下のうちどれか。
*簡易懸濁法1)…薬を口から飲み込むことが出来ない患者に、薬をそのまま温湯(55℃)に入れ崩壊懸濁させたあと経管投与する方法

  1. A. ラベプラゾール(パリエット)
  2. B. ランソプラゾールOD(タケプロンOD)
  3. C. クロピドグレル(プラビックス)
  4. D. バルプロ酸ナトリウム(デパケンR)

この記事の続きを読むには

キーワード一覧

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする