1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師のための「学べる医療クイズ」
  4. Q.血虚と水毒(水滞)症状の両方を主に改善させる婦人科領域で頻用の方剤はどれか

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

更新日: 2022年7月16日

次の婦人科領域で頻用されている方剤のうち所謂血虚と水毒(水滞)症状の両方を主に改善させるものはどれか

薬剤師へ問題「血虚と水毒(水滞)症状の両方を主に改善させる婦人科領域で頻用の方剤はどれか」|医療クイズ

 
※クイズの無断転載・無断利用を禁じます。ご注意ください。

  • 当帰芍薬散
  • 桂枝茯苓丸
  • 四物湯
  • 大黄牡丹皮湯
  • 温経湯
回答・解説 クリックで表示

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

石毛 敦の画像

石毛 敦
いしげ あつし

漢方企業の研究本部副本部長をへて筑波大学、名古屋大学、高知医科大学など、多くの大学で非常勤講師として漢方医学を教えてきた。
薬学では静岡県立大学、明治薬科大学の客員教授として薬学生にも漢方医学を教授してきた。
その後、慶應義塾大学医学部専任講師に転任し、医学生の研究教育を行う。
5年後、横浜薬科大学の教授に就任し、漢方薬学科長、薬学部長を歴任し、2021年3月定年退職。
現在は、横浜薬科大学客員教授、東京医科大学兼任教授、クスリのサンロード学術顧問として漢方医学の教育の従事している。

 「薬剤師の先生方が漢方知識を身につけ多くの患者の役に立っていただけることを願っております。」

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

関連するクイズ

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

糖尿病 薬物療法・作用機序 医療過誤・ヒヤリハット 学習方法 医療クイズ 疾患・病態 薬歴 ebm 感染症対策 薬剤師あるある