• 薬剤師
  • コラムが読める

これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性

更新日: 2016年6月27日

第4回 次世代薬剤師になれる「薬歴」の書き方

 高齢化によって急増する医療ニーズを、増加しない医療人で支えなくてはならない深刻なマンパワー不足。社会保障制度の構造から考えても少子化の問題は極めて大きな影響があり、「体調に不安があれば、すぐに保険証を持って医師に」というのは、もはや最善の策ではなくなってきています。変化する医療の現場において「薬剤師も変わっていく」ためにはどうしたらよいのか?その答えは意外にも毎日の業務の中に隠されているのかもしれません。


わかっちゃいるけど… 対物業務に追われ変われない薬剤師

 機械化やICT化が急速に進んだ現在の医療の現場において、“薬剤師が医師の処方せんを応需し、必要な疑義照会を終えた後に、正確・迅速に調剤し、服薬指導とともに薬をお渡しする”という仕事の専門性は、相対的に低下していると言わざるを得ません。“臨床現場で役に立つ医療人を育成する”という薬学教育6年制の理念からも、離れつつあるのかも知れません。
 極めつけは「患者のための薬局ビジョン」から続く、2016年度調剤報酬改定です。「立地から機能」「対物から対人」「バラバラから1つ」というキーワードに沿った報酬制度が示され、立地に依存した対物業務を薬剤師が上手にやることのみでは、中長期的な薬局運営は成り立たなくなるのではないかという方向性が示されました。

 「薬剤師が薬を揃えて説明するだけではだめ!」「超高齢社会の在宅で、薬物治療を支える重要な役割になっていることはわかっている」「そもそも薬剤師になったのは、薬を渡したかったわけではなく、健康を渡したかったんだ!」といったことを頭ではわかっている薬剤師は、決して少なくないはずです。でも、毎日の業務の中で実行するのはなかなか難しいという方がほとんどではないでしょうか。

 私がお話しする講演会やセミナーに出ていただいた方からも、そのようなお話をしばしばお聞きします。「そうだ、対物から対人だ!お薬は飲んだ後が勝負だ!とその時は盛り上がって帰るのですが、翌朝、薬局を開店すると、今まで通りお薬を正しく準備してお渡しするという対物業務に専念せざ…

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする