• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性
  4. かかりつけ薬剤師の「地域活動」を考える(最終回) vol.6

これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性

更新日: 2016年8月25日

第6回 かかりつけ薬剤師の「地域活動」を考える(最終回)

 2016年度調剤報酬改定が実施されてから、早くも半年が経過しようとしています。中でも変更の目玉であったのが「かかりつけ薬剤師」の評価。薬という「対物」の業務よりも、患者への「対人業務」を評価する、というのが基本的な考え方でした。
 連載最終回となる今回は、改めて「かかりつけ薬剤師とは何なのか」「かかりつけ薬剤師として実施すべきことは何なのか」を考えていきたいと思います。


かかりつけるのは「薬局」でなく「薬剤師」

 以前から、かかりつけ「薬局」という言葉はしばしば耳にしてきました。正確な定義は別として、イメージとしては、複数の医療機関からの処方せんを一カ所にまとめることで、重複投与や併用禁忌の薬剤使用を未然に防ぐ役割を果たす薬局、というものです。もちろん、これは重要で意味のあることですし、かかりつけ薬局を決めておくことで薬剤性の有害事象から救われた患者さんはたくさんいらっしゃるはずです。
 その一方で、1~2年前から急速に「かかりつけ薬剤師」という言葉を耳にする機会が増えました。マスメディアで取り上げられたり、研修会で言及されたりもするようになってきました。この言葉を最初に聞いた時、私はひとつの不安を覚えました。“かかりつけ医を持ちましょう”と提唱してきた医師にとって、この言葉はちょっとひっかかるというか、反対したくなるのではないか、と思ったのです。言ってみれば、「そんなことできるのかな」「大丈夫かな」ということです。
 過日、その疑問をある医師にお尋ねしたところ、意外な言葉が返ってきました。「かかりつけるのは、薬局ではなく薬剤師でしょ?だって医者も、かかりつけ医院、かかりつけ病院とは言わずにかかりつけ医と言うよね。そう言っていたのは、医師会の人だよ」と。この言葉を聞いた時に、意外ではありましたが、その真意はもちろん理解できましたし、私にとっても少しわかりづらかった「かかりつけ薬剤師」のイメージが明確になったのです。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

これからの薬局・薬剤師が目指すべき方向性

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする