1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 想いを繋ぐ!離島薬局経営物語
  4. 離島の薬局をDIY!?利用者&従業員目線での継承薬局の再建方法とは?

想いを繋ぐ!離島薬局経営物語

更新日: 2022年5月9日

離島の薬局をDIY!?利用者&従業員目線での継承薬局の再建方法とは?

メインの画像1

こんにちは!薬剤師キクオです。私は島根県にある隠岐の島で薬局経営をしているアラサーです。前オーナーが経営していた昔ながらの地域の健康薬局を引き継いで現在に至ります。そして「地方創生」をキーワードに薬局経営以外の取り組みもしています。今回は従業員が自ら離島薬局をDIYしよう!と動いた、報告や経営者目線の気付きを話します!
これから薬局経営をする方の参考になればうれしいです。それでは、いきましょう!

薬局継承は不要なスペースを見つけろ!?従業員が閃いた「目線の大切さ」

想いを繋ぐ!離島薬局経営物語の画像

みなさんは薬局待合室に座ったことがありますか?また座った時の目線でなにか考えたことはあるでしょうか?

患者さんによって座った時の高さは異なりますが、実際に薬剤師自身が利用者目線で待合ソファに座ってみることは大切ですよね。弊社では従業員の薬剤師が自ら「患者さんの座るレイアウトや目線を考えましょう」と意見を言いました。すぐに実践。

当初、薬局入り口のすぐ左に待合室がありましたが、待合のソファを薬局奥にある投薬台近くに移動しました。そうすれば、ソファに座ると薬剤師が調剤・鑑査を行っている姿が見られます。

そして座った場所からはテレビが見られるのですが、テレビを見ると必ず「半額セール」のPOPを見る導線となっているのです。結果、薬局入口にはスペースができて、新しい事業を実施できる場所が爆誕。薬局内の不要なスペースが消えて、全体を広々とさせることに成功しました。

売れないものは削除!「半額セール」の力

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

キクオの画像

キクオ
現役薬剤師ブロガー

薬学部をストレートで卒業後、新卒で入社した職場で社会の洗礼を受ける。周りから「人が変わった」と言われるも、心配いらないと、謎の強がりを見せる。その後、頭皮を気にする。
働き方と未来を考えて転職を決意。病院や薬局、派遣薬剤師を経験。今後は「個人の薬剤師がどう社会に貢献出来るか」に興味あり。
「どーせ仕事をするなら楽しく」をモットーに現職の調剤薬局で楽しく働いています。「薬剤師は日本中に浪漫を届けたい」をテーマに薬剤師・薬学生向けのメディアを運営しています!
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

想いを繋ぐ!離島薬局経営物語

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 糖尿病 薬物療法・作用機序 学習方法 店舗経営 医療クイズ 疾患・病態 薬歴 ebm 感染症対策