1. 薬剤師トップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 想いを繋ぐ!離島薬局経営物語
  4. 経営者が最も苦戦する離島での薬剤師確保のコツを紹介!

想いを繋ぐ!離島薬局経営物語

更新日: 2022年9月8日

経営者が最も苦戦する離島での薬剤師確保のコツを紹介!

メインの画像1

こんにちは!キクオです。私は島根県にある隠岐の島で薬局経営をしているアラサー薬剤師です。昔ながらの地域の健康薬局として経営されていた薬局を引き継いで現在に至ります。「地方創生」をキーワードに薬局経営以外の取り組みもしています。今回は離島における薬剤師の人材獲得方法についてお話していきます。
それでは、いってみましょう!

離島薬局の課題は地元出身の薬剤師不足

先日、隠岐の島、佐渡ヶ島、久米島という離島薬局だけのオンライン会を実施しました。このオンライン会の目的は薬剤師の人材獲得、そして実際に離島の薬局の取り組みをまだ知らない層の方に知っていただくことです。

この会で共通認識として出たのは「地元出身の薬剤師不足」でした。

隠岐の島の薬局もそうですが、離島では地元出身Uターンの薬剤師の母数自体が少ないのです。特に島根県は薬学部がないので常に薬剤師が不足しています。

ほかの薬学部がないエリアも同様で、地元出身の薬剤師を多く輩出することが今後の離島と地方薬局の課題だと感じます。

想いを繋ぐ!離島薬局経営物語の画像

自社ネットワークによる離島の薬剤師獲得方法

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

こちらもおすすめ

キクオの画像

キクオ
現役薬剤師ブロガー

薬学部をストレートで卒業後、新卒で入社した職場で社会の洗礼を受ける。周りから「人が変わった」と言われるも、心配いらないと、謎の強がりを見せる。その後、頭皮を気にする。
働き方と未来を考えて転職を決意。病院や薬局、派遣薬剤師を経験。今後は「個人の薬剤師がどう社会に貢献出来るか」に興味あり。
「どーせ仕事をするなら楽しく」をモットーに現職の調剤薬局で楽しく働いています。「薬剤師は日本中に浪漫を届けたい」をテーマに薬剤師・薬学生向けのメディアを運営しています!
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

想いを繋ぐ!離島薬局経営物語

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー COVID-19 調剤報酬改定 漢方 店舗経営 医療クイズ SOAP 薬歴 ebm 感染症対策