• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師あるある川柳
  4. 【優秀賞】薬剤師あるある川柳コンテスト:テーマ「薬」

薬剤師あるある川柳

更新日: 2020年1月13日

薬剤師あるある川柳 コンテスト 優秀賞発表

薬剤師の日常における「あるある」を川柳にして詠んでいただく本企画。
(企画詳細:「薬剤師あるある川柳」大募集※川柳への応募は、2019年12月13日で終了しました。多数のご応募ありがとうございました。)

応募いただいた513作品のなかから入賞15作品(3テーマ各5作品)を決定。
入賞作品のなかから、m3.com薬剤師会員の投票で選出された優秀賞を発表いたします。

今回は「薬」をテーマにした川柳5作品について、作品背景も併せてご紹介します。
優秀賞に投票したm3.com薬剤師会員からは、「わかる!」「よくある!」といった共感の声が多く寄せられました。

「処方箋」編の発表はこちら「医師」編の発表はこちら

企画概要

「薬剤師あるある川柳」大募集
https://pharmacist.m3.com/column/senryu/1167
※川柳の募集は終了しました

私より
  ネット信じる
      患者様
狛さん (30代 病院)
私より
  ネット信じる
      患者様
狛さん (30代 病院)
薬をお渡しするときに情報提供をするものの、既にインターネットで処方された薬を調べていらっしゃるのか、全然こちらの話に耳を傾けてくださらないどころか、怪しい情報を信じて、薬を代えてほしいとまで言いだす患者様…。「これも時代なのか」と、何とも言えないな気分です。

優秀賞への投票者コメント

持病に関してネットで詳しく調べている患者様や、新聞や雑誌の切り抜きを持参されて、心配を訴える患者様もいらっしゃいます。情報過多時代だなとシミジミ感じました。

頑張って説明しているのに、なぜ…。と力不足を感じることがある。

ネットの書き込みを信じて、こちらの情報提供には疑問を提示して信じてもらえない。来院のたびに何度も同じ話をすることが多い。

そんなことも知らないの?と怪しいネット情報について説明されたことがあります。

ネットで得た情報で会話する患者さんが多く、ネット情報は正義、正しいと信じている場合が多いですね。

ネットでえた情報の一部だけを取り上げて、ご自分の症状をすべて薬の副作用にしてしまう患者さんもいます。

入賞作品

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

キーワード一覧

薬剤師あるある川柳

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード

m3.com薬剤師をFacebookでフォローする

m3.com薬剤師をTwitterでフォローする