• 薬剤師
  • コラムが読める
  1. m3.comトップ
  2. 薬剤師コラム・特集
  3. 薬剤師あるある川柳
  4. 【優秀賞】薬剤師あるある川柳コンテスト:テーマ「医師」

薬剤師あるある川柳

更新日: 2020年1月17日

薬剤師あるある川柳 コンテスト 優秀賞発表

薬剤師の日常における「あるある」を川柳にして詠んでいただく本企画。
(企画詳細:「薬剤師あるある川柳」大募集※川柳への応募は、2019年12月13日で終了しました。多数のご応募ありがとうございました。)

応募いただいた513作品のなかから入賞15作品(3テーマ各5作品)を決定。
入賞作品のなかから、m3.com薬剤師会員の投票で選出された優秀賞を発表いたします。

今回は「医師」をテーマにした川柳5作品について、作品背景も併せてご紹介します。
優秀賞に投票したm3.com薬剤師会員からは、「とても共感!」「わかる」といった共感の声が多く寄せられました。

「薬」編の発表はこちら「処方箋」編の発表はこちら

企画概要

「薬剤師あるある川柳」大募集
https://pharmacist.m3.com/column/senryu/1167
※川柳の募集は終了しました

効いたら医者
  効かなきゃ薬の
    せいになる
ムーミン25 (40代 調剤薬局勤務)
効いたら医者
  効かなきゃ薬の
    せいになる
ムーミン25 (40代 調剤薬局勤務)
これは、昔からそんな感じですが…。薬の処方の選び方が上手いということになるのかな?!
これは、昔からそんな感じですが…。薬の処方の選び方が上手いということになるのかな?!

優秀賞への投票者コメント

薬剤師の悲哀、とても共感。

患者からはなにやっているかはまだ理解が薄いのだろうなと感じるから。

体調が悪くなったのも薬の副作用にされる。

薬が効かなかった時は、仕方ないですね。

なんにせよちゃんと働いてるのは薬と患者様の身体なのに...と思ってしまうことがちらほら。

対医師「先生、いい薬だしてくれたわぁ」。対薬剤師「これ全然効かんやん。なんでこんなん出すんよ」。うんうん。よくあるよくある。

入賞作品

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

すべてのサービス・機能をご利用いただくには、
m3.com会員登録が必要です。

QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

薬剤師あるある川柳

アクセス数ランキング

新着一覧

16万人以上の薬剤師が登録している、日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

薬剤師コラムを読む

ソーシャルアカウントでログインしていただくと、「薬剤師コラム(一部除く)」をお読みいただけます。

ソーシャルログインをされた医療従事者の方に、コラム更新情報などのお役立ちメールをお届けします。
メールマガジンの配信に同意の上、ログインしてください。

※メールマガジンはいつでも配信停止することができます。

※ご登録いただいた個人情報は、 個人情報保護方針に則り厳重に管理いたします。 利用規約はこちら。

m3.comすべてのサービス・機能を利用する

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

m3.com会員としてログイン

ログインID

パスワード

ID・パスワードを忘れた方はこちら

注目のキーワード