ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

更新日: 2022年4月27日

湿布薬の枚数制限が7枚だけ減った理由は?

メインの画像1

湿布薬枚数は1割減にとどまる
改定の度にターゲットとなる湿布薬の処方枚数。1処方につき70枚から、63枚に変更。支払側は半減を求めていたが、1割減にとどまった(『湿布薬1処方70枚から削減へ、リフィル処方の対象外』を参照)。湿布薬はリフィル処方箋の対象外。医師が疾患の特性等により必要性があると判断し、やむを得ず63枚を超えて投薬する場合には、その理由を処方箋およびレセプトに記載すれば可能。

湿布薬の枚数制限が厳しくなるって言っても7枚だけ?意味あるの?

この改定の議論ではもっと厳しい制限が要求されていたんだよ。

別表第一 医科診療報酬点数表
第2章 特掲診療料 第5部 投薬
通則5 入院中の患者以外の患者に対して、1処方につき63枚を超えて湿布薬を投薬した場合は、区分番号F000に掲げる調剤料、区分番号F100に掲げる処方料、区分番号F200に掲げる薬剤(当該超過分に係る薬剤料に限る。)、区分番号F400に掲げる処方箋料及び区分番号F500に掲げる調剤技術基本料は、算定しない。ただし、医師が疾患の特性等により必要性があると判断し、やむを得ず63枚を超えて投薬する場合には、その理由を処方箋及び診療報酬明細書に記載することで算定可能とする。

改定の度に行われてきた保険給付範囲の見直し

これまでの診療報酬改定でも薬剤給付の適正化の観点から保険給付範囲の見直しが行われてきました。

ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座の画像

厚生労働省 中央社会保険医療協議会 総会 第503回 資料 個別事項(その8)について
画像を拡大する

上に示す中医協の資料にまとめられているように、平成24年度改定では単なる栄養補給目的でのビタミン剤の投与、平成26年度改定では治療目的ではないうがい薬の単独処方、平成28年度改定で湿布薬の処方枚数は70枚までとなり、平成30年度改定では疾病の改善を目的としない血行促進・皮膚保湿剤(ヘパリンナトリウム又はヘパリン類似物質に限る。)の処方について保険給付制限が定められました。

こうして見るとここ10年くらいで確実に保険給付範囲の見直しが進められているんだね…。

それどころか、OTC類似薬(OTCとして発売されている医療用医薬品)は保険給付の対象外とすべきではないかという議論も行われているんだよ。

すべてのコラムを読むにはm3.com に会員登録(無料)が必要です

ぺんぎん薬剤師の画像

ぺんぎん薬剤師
ぺんぎんやくざいし

4年制薬学部を卒業後、大学院では特許を取得。その経験を患者さんの身近な場所で活かしたいと考え薬局に就職。薬局では通常の薬局業務に加え、学会発表、研修講師、市民講座など、様々な形で「伝えること」を経験。自分の得た知識を文章にし、伝えていくことの難しさと楽しさを学ぶ。 薬局での仕事が忙しくなる中、後輩に教える時間がなくなり、伝える場としてブログ「薬剤師の脳みそ」の運営を開始。その後はTwitter、Facebook、Instagramなどの各種SNSも開始し、より多くの薬剤師に有意義な情報を提供できるメディアを目指して運営を続けています。
QRコード 薬キャリLINE

「薬剤師タイプ診断」や「薬剤師国家試験クイズ」薬剤師の最新情報や参考になる情報を配信中!右のQRコードから登録をおねがいします!

キーワード一覧

ぺんぎん薬剤師とはじめる!薬剤師のための中医協講座

この記事の関連記事

アクセス数ランキング

新着一覧

21万人以上の薬剤師が登録する日本最大級の医療従事者専用サイト。ご利用は全て【無料】です。

m3.com会員としてログインする

m3.comすべてのサービス・機能をご利用いただくには、m3.com会員登録が必要です。

注目のキーワード

薬剤師ブロガー 薬物療法・作用機序 薬価改定 てんかん 服薬指導 後発医薬品促進 業界動向 漢方 医療ニュース 新薬